ピクシブ百科事典

(笑)

かっこわらい

笑いを表すスラング。
目次[非表示]

(笑)とは、「笑い」を表す日本語表現の一つ。
ネットでも早期に定着し長らく普通の表現であった。
しかし2005年前後?から、侮辱中傷を伴う、悪意ある表現の代表格のようになってきてしまっている。主語が自分の場合は自嘲的意味合いが強い。

歴史

元来は座談会などの発言記録において、発言者や聴衆が笑った(声を上げる上げないは不問)ときに記される表現であった。通常は文節の最後に付け加えられる。

そのうち拡大解釈され、文章中の笑い所や、会話文において感情を表現する場合などにも用いられるようになる。
特にネットでは、インターネット普及前のパソコン通信時代から顕著で、「(苦笑)」「(爆) = 爆笑爆発音の意のこともある)」などの派生形もあったが、現在ではほとんど死語になっている。

長らく普通の笑いを表現する語であったが2003~2004年辺りから少しずつ嘲笑のニュアンスを帯びて来る。
これにはいくつかの要素が絡んでいるが、「一般的な笑いの表現」の地位が、同義のネットスラング」と入れ替わってきたことが大きい(「w」はおおむね小文字全角が多用される)。

それ以前はむしろ「w」のほうが、(普及していた)2ちゃんねる内でさえ嘲笑のニュアンスが残っていたのだが、この辺りの時期には、同じく2ch内で笑いの表現として使われていた「(藁」「(ワラ」などが廃れ、「w」に一本化されてきたことにより見慣れてきたこと、さらにはニュー速VIP板の開設(2004年)により語尾に「wwwwwww」と多数並べるVIP語が2chを(荒らしも含め)席巻し、「1個くらいなら(相対的に)普通じゃないか」と思わせたことなどで、徐々に普通の表現として扱われるようになる。さらには2ch外にも広まっていった。

結果、入力も面倒な「(笑)」は必要性も薄くなり、元々パソコン通信時代の表現や顔文字に拒絶感が強かった2chでは皮肉めいたニュアンスで使われることが増えていく。

この流れを完全に決定付けたのは2007年、当時のマスコミが突如「お菓子デザートなどは"スイーツ"と呼ぶべき。従来通りに呼ぶのは流行遅れでダサくて恥ずかしいこと」…のような大々的な喧伝を始め(※)、それに反発したネットワーカーが「スイーツ(笑)」という表記を使い始め、ネット流行語大賞2007の銀賞にまで選ばれてしまったことだ。

反発する気持ちは判るのだが、何の罪も無い「(笑)」が生贄にされてしまった感は否めない。

※…スイーツという表現自体は90年代半ばごろにはあったが、この頃はあまり知られてはいなかった。

用法・注意

前述のように、今日では「スイーツ(笑)」のように表現することで、侮辱中傷を示す表現として用いられることが主流となっている。

基本的には軽いノリの笑いを表現していることが多く、相手側の許容度や文脈などによっては侮辱と受け取られるおそれもあるため、注意が必要。

また単語と組み合わせ「○○(笑)」のように表現する場合、より甚だしい侮辱や中傷と受け取られる場合もあるため、サイトと管理者によっては掲示板・チャットなどで「(笑)・(笑)」の使用自体を禁止している(NGワードに設定されている)場合もあるので、このあたりは特に気をつけよう。

主語が自分の場合は自嘲的な笑いを表していることが多い。さらに、「(爆)」は自嘲的用法で使われることがほとんど(例 : 階段から落ちてしまった(爆))。

読み方について

「わらい」「しょう」「わら」「かっこわらい」など読み方は複数ある。
活字で表現する場合「」(全角の括弧)と、「()」(半角の括弧)の混在による、揺れがある。

関連タグ

笑い 笑顔 爆笑 苦笑 (w w 草不可避
湾岸ミッドナイトエイト(漫画)楠みちはるの漫画) - ほぼ毎回のように、会話シーンで「(笑)」の記号が用いられている。むしろ「(笑)」のない話がかえって珍しい(例 : くくく(笑))。

単語と組み合わせたタグ

以下のタグは主に侮辱中傷の意味で使われることが多いので、使い方に注意しよう。
ありえん(笑)
主人公(笑)
メインヒロイン(笑)
ラスボス(笑)
スイーツ(笑)
フルーツ(笑)
モデル(笑)

pixivに投稿された作品 pixivで「(笑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1486803

コメント