ピクシブ百科事典

Ξガンダム

くすぃーがんだむ

小説作品『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』に登場する架空の兵器。
目次[非表示]

宇宙世紀0104年、反地球連邦政府組織 "マフティー" がその象徴として秘密裏にアナハイム・エレクトロニクス社に開発を依頼したガンダムタイプモビルスーツである。(型式番号:RX-105)

パイロットはマフティー・ナビーユ・エリン(ハサウェイ・ノア)。
なお「Ξ」は「クスィー(クシー)」と読み、ギリシャ文字で「ν」の次の文字である。

Ξガンダム
「もうそろそろこいつを再評価しようよ」



機体説明

宇宙世紀0104年、秘密結社 "マフティー"がアナハイム・エレクトロニクス社に極秘裏に発注した、当時最新鋭の第五世代モビルスーツ。

当時としては最先端の技術であるミノフスキー・クラフトを試験的に搭載した機体であり、フライト・ユニットなしでの大気圏内飛行を可能としている。
30m級の機体としてはRX-104FF ペーネロペーに続く2番目のミノフスキークラフト搭載型モビルスーツとなるが、ペーネロペーと異なりミノフスキー・クラフトは外付け式ではなく機体本体に搭載されている。
また、操縦系にはサイコミュも取り入れられており、搭乗者の脳波を拡大するシステムを有する。

サイコミュデバイスと大出力メガ粒子砲を同時に搭載する機体コンセプトは、同社製のθガンダム(ZZガンダム)やサザビー等とも共通しており、これらの機体の優れた点を継承するガンダムタイプMSと言える。
また、本機のΞ(クスィー)という名称は、かつてのニュータイプ戦士アムロ・レイが最後に搭乗したとされる機体νガンダムの意思を継ぐという意味で与えられたという。

宇宙世紀0105年時において、単独で大気圏内飛行が可能なモビルスーツは本機とペーネロペーのみであり、少数の戦力しか保有しないマフティーが地球連邦軍と渡り合うことができたのは、本機の絶大な戦闘力による処が大きいといえるだろう。

ロールアウトした本機は、その飛行能力と戦闘能力で、(事前の犯行声明通りに)アデレートの国際会議場を襲撃、その際にレーン・エイムのペーネロペーと戦闘になり、相手を墜落寸前まで追い詰めたが、あと一歩のところで、会場周辺に貼り巡らされた防衛用ビームバリアに接触し墜落。機体は大破し、パイロットのハサウェイも全身に火傷を負う結果に終わっている。

武装(小説版に基づく)

ビーム・ライフル

携行型射撃用ビーム兵装。
旧来品の倍近くの初速を誇る。

肩部メガ粒子砲

肩部アーマーを展開する事で露出する大出力のメガ粒子砲。
両肩あわせて二基を搭載している。

ビーム・サーベル

格闘用ビーム兵装。
基部にマウントされた状態でも稼動可能であり、手に持たずとも敵機を両断することが出来る。

ミサイルランチャー

機体各所には多数のミサイル・ランチャーが設置されており、爆撃能力も有する。

ビームバリア

高速飛行時にはビームバリアーを機体前面に展開、進行方向に波形を変えたビームを放射することで大気の干渉を減散させ、飛行形態への変形をせずに大気圏内を高速で飛行する事が可能になる(一部ゲームでは簡易的な飛行形態に変形する)。
この状態でのΞガンダムの姿は空中であたかも機体全体が発光するかのような様相になる。
確認されている限りでは、マッハ2を超える速度での航行が可能。
あくまで空気抵抗軽減用なのでビーム防御などの防御への転用は不可能である。

ファンネル・ミサイル

当時最先端のサイコミュ兵装。他のファンネルとは違い、ビーム攻撃を行うのではなくそのままミサイルとしてぶつけるのが特徴。
なお、本来「閃光のハサウェイ」およびその前篇となる「ベルトーチカ・チルドレン」では、『ファンネル=脳波誘導式のミサイル』という扱いであるため、本機に搭載されているのもただの「ファンネル」である(サイコミュを用いた誘導式ミサイルという意味ではティターンズのモビルアーマーハティが同様の機能を有するが、運用コンセプトに大きな隔たりがある)。
ファンネル・ミサイルという名称が加えられたのは「Gジェネレーション」シリーズから。

機体データ

型式番号 RX-105
所属 反地球連邦政府組織 "マフティー"
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
全高 28.0 m
頭頂高 26.0 m
本体重量 32.0 t
全備重量 80.0 t
出力 3,980 kw
推力 160,000 kg
センサー有効半径 30,000 m
推進機関 ミノフスキークラフト 他
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 バルカン砲×2
ビームサーベル×2
ビームライフル
シールド
メガ粒子砲×2(肩部)
ファンネルミサイル
ファンネル
ミサイルランチャー(腕部)
大型ミサイル(脚部)
特殊装備 ビームバリアー

デザインの変遷

原作挿絵は森木靖泰によるデザインだった(原作版)が、原作発表の約10年後、SDガンダム GジェネレーションFに「閃光」が登場するにあたり、主役機であるΞガンダム及びライバル機ペーネロペーのリデザインが森木氏自身の手によって行われた(Gジェネ版)。
さらにその後、『カトキハジメによるリファイン版の立体化』というコンセプトに基づくシリーズ「GUNDAM FIX FIGULATION」で発売されるにあたり、さらにカトキ氏の手が加えられた(GFF版)。

以上、「原作版」「Gジェネ版」「GFF版」の3パターンの異なるデザインが存在することになる。
特に「Gジェネ版」と「GFF版」はそう極端な違いがあるわけでもなく、Gジェネ版の場合特にSD以外の資料が少ないこともあって、区別がつきにくい場合もある。
(「原作版」には、顔のへの字スリットが無く、胸にアンテナが有るなどの違いがあり、比較的区別しやすい)

ガンダムVSシリーズ

機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOSTに2012年11月26日のアップデートで参戦。
コスト3000の射撃寄りの万能機。高機動形態(ミノフスキークラフト解放状態)に切り替えることが可能。ただし、シナンジュと違い、制限付きなのが欠点。
同コスト帯の中でも射撃(特にメイン射撃と特射)の性能が突出して高く、射撃戦で相手を制圧しつつ、強力な特射でダメージを取っていく戦い方が主。
逆にクロスボーン・ガンダムX1フルクロスダブルオークアンタといった格闘に特化した機体とは相性が悪く、接近戦に持ち込まれると反撃手段が乏しい為に不利になる場面が多い。
EXVSFBで参戦後、家庭用機動戦士ガンダム EXTREME VS.に配信決定。ガンダム試作3号機と共に2012年12月13日より有料配信されている(ダウンロード機におけるコスト3000機はHi-νガンダム(無料)とこの機体のみ)。

関連タグ

閃光のハサウェイ ペーネロペー 森木靖泰

pixivに投稿された作品 pixivで「Ξガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 130894

コメント