ピクシブ百科事典

あかつき

あかつき

1.日本の金星探査機の名称 2.関西~九州間のブルートレインの名称 3.NHK朝の連続テレビ小説の番組名
目次[非表示]
  1. 日本の金星探査機の愛称。
  2. 国鉄及びJRが1965年10月1日から2008年3月14日まで関西~九州間において運行していた寝台特急ブルートレイン)の愛称。
  3. 1963年4月1日から1964年4月4日まで放映されたNHKの朝の連続テレビ小説。
  4. の品種名

ここでは主に1.について説明する。カタカナ表記のものはアカツキを、漢字表記のものはを参照のこと。

金星探査機「あかつき」概要

あかつき(第24号科学衛星:計画名PLANET-C又はVCO(Venus Climate Orbiter: 金星気候衛星))は、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS)の金星探査機。観測波長の異なる複数のカメラを搭載して金星大気を立体的に観測する。

2010年5月21日種子島宇宙センターから打ち上げられ、半年後の12月7日に金星への軌道投入シーケンスが実行された。同日10時28分、金星の地食から脱出、通信が回復した。
衛星の詳しい状態を確認したところ、セラミックスラスタによる噴射開始後約2分32秒の時点で衛星に大きな姿勢変動が発生、約6秒後噴射を中止し緊急時に行われる衛星が軸を中心に回転する状態(セーフホールドモード)へ移行した、そのためセラミックスラスタによる十分な噴射が行われず、結果として金星の軌道投入に失敗した。しかし約5年後に金星へ再接近する太陽の周回軌道に入り、2015年11月の軌道投入を目標としてRCSスラスタによる軌道制御を2011年11月中に3回実施し正常に完了した。

2015年12月9日に同年12月7日に実施したRCSスラスタによる噴射により、金星周回軌道への投入に成功したことを確認。

従来の気象学では説明ができない金星の大気現象のメカニズム解明を主目的としている。言ってみれば、あかつきは金星版気象衛星である。このミッションの成果は、惑星の気象現象を包括的に理解することにつながると期待される。加えて、赤外線により金星の地表面の物性や火山活動を調べ、また地球出発から金星到着までの間に惑星間のの分布を観測する。

「初音ミクを金星へ」のスローガンの元、署名が1万人を超え、初音ミクパネルが搭載された。

金星探査機「あかつき」航海記録

  • 2010/05/21 6:58:22(日本時間) H-IIAロケット 17号機によりIKAROS及び5機の小型衛星群と共に打ち上げられる。
  • 2010/06/28 13秒のOME噴射を実施し、セラミックスラスタの世界初の軌道上実証を行う。
  • 2010/10/08 搭載カメラの確認のため、射手座の一部および牡牛座、月、地球を撮影した。
  • 2010/12/07 OME噴射により金星への軌道投入を試みるが、予定の軌道への投入に失敗しセーフホールドモード状態となっていた。
  • 2010/12/09 LIR,UVI,IR1の3台のカメラで金星を撮影した。
  • 2010/12/27 トラブルの原因が逆止弁の閉塞であり、これが原因で異常燃焼が発生した結果スラスタの一部が破損したと発表された。(「あかつき」の金星周回軌道投入失敗に係る原因究明と対策について(その2))
  • 2011/09/07 第1回OMEテスト噴射の実施の結果、OMEの推力が想定の1/9であることが判明。
  • 2011/09/14 第2回OMEテスト噴射を実施し、推力の結果が第1回と同程度であることが確認された。これによりOMEを利用した当初予定の周回軌道への投入は困難であることが確認されたため、RCSスラスタによる軌道投入計画に切り替えられた。
  • 2011/10/06,12,13 OME用の酸化剤投棄を実施した。
  • 2011/10/26 宇宙開発委員会での発表で、姿勢制御用RCSを使った運用計画が報告される。(「あかつき」の現状と金星再会合に向けた軌道制御運用について)
  • 2011/11/01,10,21 RCSスラスタによる軌道制御を実施し、正常に行われた。
  • 2015/12/07 8:51(日本時間) RSCスラスタによる噴射を計画通り約20分間実施(金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入における姿勢制御用エンジン噴射結果について)
  • 2015/12/09 「あかつき」金星周回軌道への投入を確認、日本初の地球以外の惑星を回る衛星となる。(金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入結果について)


金星探査機「あかつき」関連タグ


列車の「あかつき」概要

1965年、東海道新幹線と接続し関西地区と九州を結ぶ初めての寝台特急として運行開始。
最盛期には1日7往復運行されたこともあったが新幹線延伸や他交通機関との競合から削減を繰り返され、2008年に同系統最後の列車として運行を終了した。
末期には寝台特急「彗星」、「なは」等と併結された。
なお、1936年から1942年まで運行された朝鮮総督府鉄道の特急列車と1958年から1964年まで運行された国鉄東海道本線夜行急行列車にも同じ愛称が付与されていた。

ついでにいえば名古屋駅~博多駅間で運行された寝台特急「金星」と競演していた時期もある。

列車愛称「あかつき」関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「あかつき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 520890

コメント