ピクシブ百科事典

あけぼの

あけぼの

上野駅~青森駅間を結んでいた寝台特急(ブルートレイン)、JAXAが運用中の人工衛星など。
目次[非表示]
  1. JR東日本上野駅~青森駅間を東北本線高崎線上越線信越本線羽越本線奥羽本線を経由して運行する寝台特急ブルートレイン)の愛称
  2. JAXAが運用中のオーロラ観測衛星の愛称。1989年2月22日打ち上げ。
  3. 海上自衛隊の護衛艦名。2代存在する。→あけぼの(護衛艦)


列車愛称

→「鳥海(JR東日本)」も参照。

1970年10月1日運転開始。
当初は20系客車3段寝台で運転開始。急峻な板谷峠を越えるスジで設定され、板谷峠区間は当初EF71単機けん引で設定されていたが、折しも客車の防火対策や黄害が言われた時期でもあり、客車の自重が防火材への置き換えや汚物処理装置の装備により段階的に増えるに従って主に冬季を中心にEF71の空転問題が発生、ED78の補機連結が常態化し、1980年10月改正の24系客車置き換えで粘着係数に優れたED78重連限定となる。
その後1982年の東北新幹線開業により減車が進みけん引条件が緩和したことからEF71との重連運用が復活。「出羽」「日本海」へのプルマンA寝台車オロネ24連結開始によりあけぼのからはオロネ24が1両減車される。
1988年3月改正で1往復の筋が北斗星へと移行することで1往復減。その後山形新幹線工事により1990年8月に陸羽東線迂回運転が開始、1往復は上越線経由の「鳥海」へと変更、ほぼ並行して個室寝台である「ソロ」「シングルDX」の連結が開始される。
最後に残ったスジは本来の東北・奥羽本線(1990年より1997年まで陸羽東線小牛田新庄迂回運転)でなく1997年に「鳥海」(4代目)のスジを踏襲したものであり、本来のあけぼのはその時点で廃止されていると考えてよい。
その後も運転は継続され寝台料金不要の「ゴロンとシート」の設置などが行われたが、徐々に乗客減および減車が続き、2014年3月15日ダイヤ改正で定期運転を取りやめ、臨時列車となるも翌年1月4日にそれも廃止となった。

青い車両(くるま)と秋田のカレチ


オーロラ観測衛星


関連タグ

:由来。
マケボノには勝てない!
ED75 ED78 DE10 20系 24系25形EF64 EF81
はやて いなほ 津軽/つがる
人工衛星

pixivに投稿された作品 pixivで「あけぼの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149918

コメント