ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

公式であざといエレンといえば、9歳の時にミカサの両親を惨殺した人攫いたちを油断させるための「迷子になり怯える"か弱い子供"の演技」が挙げられる。

一人称を「ぼく」にして(普段は「俺」)目に涙を溜め、不安げに震える姿に油断し、人攫いが「もう大丈夫、おじさんたちと一緒に…」とエレンに近付き触れたが最後、頚動脈をナイフで一突きにされ、あっさり殺されてしまった。

9歳にしてあの演技力は末恐ろしいものを感じなくも無い。

意識的な方

「・・あ、あの・・・・・」


ありがとうおじさん・・・もう・・・わかったからさ

「早く助けてやりたかった」


死んじゃえよクソ野郎

無意識な方

お届けものでーす
\えれーん!/


「おーい、まだ寝てんの?」
母さんッみてよ!



関連タグ

進撃の巨人 エレン・イェーガー あざとい エレンまじ天使 ショタエレン

pixivに投稿された作品 pixivで「あざとイェーガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7434241

コメント