ピクシブ百科事典

あたしンち

あたしんち

『あたしンち』とは、読売新聞にて連載されていたけらえいこ原作の漫画作品およびそれを元にしたテレビアニメ作品。
目次[非表示]

概要

1994年6月5日から読売新聞の日曜版に掲載され、日常的な出来事ユーモラスに描き、幅広い世代から愛されるようになった。

作者の体力的に連載が困難、東日本大震災、タイトルにおける「あたし」がみかんから母、そして父に代わっていったことなどの理由が重なり、2012年3月11日の日曜版を以て連載を終了。
約18年の歴史に幕を閉じた。
単行本は全21巻。

登場キャラクター

立花一家


お母さんに関係する人物

みかんに関係する人物


ユズヒコに関係する人物


お父さんに関係する人物


その他


アニメ

2002年4月から2009年9月(放送局によっては10月または11月)までテレビ朝日朝日放送および長野山口愛媛の各朝日放送(朝日テレビ)にて全330話が放送された。
また、2度映画化されており、特に2度目の映画化については、アニメ放送終了後の約2年後に、3D映画という形で公開された。

もともとはテレビ朝日系列フルネット24局ネットで金曜19:30-20:00に放送されていたが、「クレヨンしんちゃん」がこの時間帯に復帰する事になったために土曜朝に追い出された上、一部系列局では終了に追い込まれた。その後も終了が相次ぎ、結局、先述の5局しか全話放送を行わなかった。なお、岩手朝日テレビも一応全話放送してはいるが、3年間の中断があった上、1回につき2話分(1時間枠で)消化したことがあった。さらに山形テレビでは一度打ち切ったあと再開、最終回まで放送はしたものの、打ち切りから再開までの間の約半年分をすっ飛ばしてしまった。

系列外では、チューリップテレビ富山県TBS系列局)で、わずか半年間だけだが放送されたことがある。また、テレビ北海道テレビ東京系列)では、地元のテレビ朝日系列局投げ出した後を受け、その尻ぬぐいという形で投げ出したあとの分から最終回まで放送したことがある。

実は、比較的早い段階でテレビ朝日がアニメ化を検討していたのだが、なにしろ該当局は朝日新聞の関連会社、で、原作の連載先は読売新聞、故になかなか実現せず、最終的には読売新聞が折れた、という逸話が残っている。そりゃ読売としちゃー読売テレビホスト局・NNS加盟29局月曜19時台(前半・後半いずれか)でやりたかったろうにねぇ・・・・・・。

そして、6年の歳月が経ち…

2015年10月から2016年3月にかけて、アニメ専門チャンネル・アニマックスにて、『新あたしンち』というタイトルで「続編」が放送された。原作者であるけらえいこが書き下ろした脚本による回も存在。なお、キャストは、しみちゃん役以外はこれまでのキャストがほぼ全員続投した。

主題歌

オープニングテーマ
『さらば』
作詞・作曲:伊藤俊吾/編曲・歌:キンモクセイ
『あたしンちの唄』
作詞・作曲:浜崎貴司/編曲:ヲノサトル/歌:小泉今日子
『プロリンサイズ♪』
作詞・作曲:pal@pop/振り付け:大久保裕美/歌:森三中

エンディングテーマ
『来て来てあたしンち』
作詞:大地丙太郎/作曲:エルガー(『威風堂々』より第一番の中間部の旋律)/編曲:武藤星児/歌:平山あや
『Let's Go! あたしンち』
作詞:けらえいこ、井手コウジ/作曲:井手コウジ/編曲:鎌田雅人/歌:ザ・タチバナーズ(母:渡辺久美子、みかん:折笠富美子、ユズヒコ:阪口大助、父:緒方賢一)
『ほっとっとっとな まいにち』
作詞:里乃塚玲央/作曲・編曲:川嶋可能/歌:キグルミチコ(レナ(キグルミ)、清水ミチコ)
『プロリンサイズ♪』
作詞・作曲:pal@pop/振り付け:大久保裕美/歌:森三中
『さらば』
『あたしンち』
作詞・作曲・編曲・歌:矢野顕子

挿入歌
『カラオケ天国』
作詞:西脇唯/作曲・編曲:HULK/歌:みかん(折笠富美子)
『情熱の赤いバラ』
作詞:けらえいこ/作曲:増田俊郎/編曲:長尾ゆうたろう/歌:母(渡辺久美子)

コラボレーション

2011年4月6日の朝刊でコボちゃんとのコラボレーション、「コボちゃんち」が掲載された。

関連イラスト

またね
まんまるあたしンち!!



関連タグ

けらえいこ
아따맘마

外部リンク

アニメ公式サイト
アニメ『新あたしンち』公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「あたしンち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1615184

コメント