ピクシブ百科事典

いがらしみきお

いがらしみきお

日本の漫画家。主に不条理かつブラックな作風を得意とする。代表作は『ぼのぼの』、『忍ペンまん丸』など。一見するとほのぼのとした絵柄だが、そこには鋭い洞察とある種の狂気が滲み出るという独特の作風を持つ。
目次[非表示]

概要

1955年 宮城県生まれ。
5歳の時、神の啓示により漫画家になろうと決意。
24歳でデビュー。『ネ暗トピア』などで圧倒的支持を得る。
84年夏、突然休筆するが、86年の復帰作『ぼのぼの』は大ヒットとなり、
 88年講談社漫画賞を受賞。
93年11月公開の映画『ぼのぼの』を初監督するなど、各界に影響を及ぼす。
 以降、『ぼのぼの』の連載を継続しながら、その他様々な作品を発表。
95年、TVアニメ『ぼのぼの』放送。(第1作)
98年、『忍ペンまん丸』にて第43回小学館漫画賞を受賞。
02年、『ぼのぼの』映画第2弾『クモモの木のこと』公開。
05年、構想20年の著者初のホラー劇画『Sink』を世に問う。
07年、『かむろば村へ』発表。
10年、平成21年度宮城県芸術選奨を受賞。
11年、原作山上たつひこ+作画いがらしみきお『羊の木』を発表し、
 第18回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。
15年、『ジヌよさらば~かむろば村へ』が松尾スズキ監督で全国ロードショー。
16年、『ぼのぼの』は連載30周年を迎え、アニメ放送が始まる。(第2作)

5歳の決意はまさしく正しかった。
神の啓示はまさしくホンモノなのであった。



        (参考文献:いがらしみきお『ぼのぼの』既刊41巻 竹書房)


知る人ぞ知るこぼれ話 その1

【まんが日本昔ばなし】破戒僧


アニメ番組「まんが日本昔ばなし」で「飯降山」(いふりやま)と言う一編の演出・作画を手掛けた事がある。因みにこの一編、「まんが日本~」の中でも屈指のトラウマ回として有名。

知る人ぞ知るこぼれ話 その2

 デビューはエロ漫画雑誌「エロジェニカ」で、上京してから田舎へ帰って後であった。
 また、呉智英によれば、持ち込んだ雑誌の中に「私はこの雑誌が嫌いだが、私の作品はこの雑誌とは毛色が違うが、面白いので載せてください(大意)」というような手紙が入っていたそうである。
 BSマンガ夜話によれば、作者はデビュー作の掲載に関する報告をされず、原稿料もいささか怪しいらしいという。雑誌買って見たら載ってたので、また投稿したそうである。

pixivに投稿された作品 pixivで「いがらしみきお」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100417

コメント