ピクシブ百科事典

うっかりペネロペ

うっかりぺねろぺ

『うっかりペネロペ』とは、ゲオルグ・ハレンスレーベン、アン・グットマン夫妻作の絵本シリーズを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

ペネロペ』は、擬人化した動物を登場人物とした子供向け絵本である。
2002年に「3~4歳児向けのキャラクター」を制作するためのプロジェクトを立ち上げ、2003年秋に絵本がフランスで出版された。日本では2005年に出版開始。

主人公ペネロペは女の子であるにもかかわらず、体色が青であるが、これは作者が男女振り分けされにくい中性的なキャラクター設定をするように心がけたためである。
作者アン・グットマンいわく、子供に何か特定のメッセージを伝えることを目的とした絵本ではないという。ペネロペの原案は、黄色のネコのキャラクターであったが、試行錯誤の末、青色のコアラに落ち着いた。同じ作者の『リサとガスパール』の主人公の住む町はパリであるが、本作の主人公の住む地域に関しては、実在する特定の地名・場所は明示していない。ただし、シリーズ中に主人公がパリに遊びに行くシーンが何度かみられるため、パリ近郊に住んでいると推定される。

アニメ『うっかりペネロペ』は、2006年11月から12月まで5分番組としてNHK教育テレビで放送された。全26回。
このアニメ作品『ペネロペのいちにち』に初登場するキツネは、元々はゲオルグ・ハレンスレーベンがアニメのためにデザインしたキャラクターである

ストーリー

青色コアラのペネロペは、3歳の女の子。うっかりやさんで、いろいろな騒動を巻き起こす。

登場キャラクター


関連イラスト

おやつ
ペネロペ



関連タグ

アニメ ゲオルグ・ハレンスレーベン アン・グットマン 絵本 NHK教育テレビ

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「うっかりペネロペ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14386

コメント