ピクシブ百科事典

うみのイルカ

うみのいるか

うみのイルカとは、『NARUTO』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

忍者登録番号011850
誕生日5月26日
年齢23歳
星座ふたご座
身長178cm
体重66.2kg
血液型O型
性格おおらか・お人よし・前向き
好きな食べ物一楽のラーメン
嫌いな食べ物まぜご飯
好きな言葉信頼
趣味湯治
忍者学校卒業年齢11歳
中忍昇格年齢16歳


※データは基本的に初登場時のもの

概要

CV:関俊彦/山本泰輔(少年時)

木ノ葉隠れ忍者学校(アカデミー)の講師を務める。
九尾封印されていたことにより、里の住人達から白眼視されていたうずまきナルトを「一人の人間」として見ていた。ナルトにとってはのような存在である。
そもそも九尾の人柱力であるナルトが里の人々から煙たがられていたのは、ナルトが生まれた日、多くの里の人間の命を奪い、憎悪の対象となっていた九尾が、今は彼の体に封印されていたからであり(当然だが彼には何の罪も無い)、イルカの両親もその時に亡くなった。しかしながら、イルカは複雑な感情を抱きつつも天涯孤独の身であるナルトに理解を示し、彼を「九尾のバケ狐」ではなく「うずまきナルト」という一人の人間として受け入れた。そして、影分身の術を成功させたナルトを一人前の忍者と認め、アカデミーの卒業祝いとして自分の額当てを送った。このことが、ナルトの人格形成に大きく作用することとなる。

出番は決して多いと言えないが、その優しい人柄ゆえに根強い人気を誇り、人気投票では常にメインキャラと肩を並べるほどである。

忍者学校での講師を主な業としているため戦闘場面はほとんどなく、強いて言えば初回でミズキの手裏剣からナルトを庇った時くらい。そのため、実力の詳細は不明(初期のファンブックでは本来上忍や特別上忍しか受けることのできないS級任務も数回受けているようだが)。木ノ葉崩しの際には「敵の忍が現れても慌てずに隠れ部屋へ」とアカデミー生の避難誘導を行い、その際「命に代えても守る」と言っており、実力と覚悟の高さはうかがえる。
実際A級任務を数多く受けた実績と上層部からの信任の厚さからアカデミー講師を任せられている。
第四次忍界大戦でもの狙いであるナルトの監視、説得役に抜擢されているので戦場には出ていない(その時、戦場に飛び出そうとするナルトを拘束しようとして結界忍術を使用している)。
ゲームではオーソドックスな手裏剣術結界法陣などで戦う。

アニメオリジナルストーリーでは、ナルトとのコンビで脱獄したミズキと戦闘する場面や、ナルトと出会ったばかりの頃を描いたエピソードがある。
イルカがアカデミーの教師になる以前に、カカシの部下として任務にあたってた事や少年期のイルカは、ミズキに対しては努力家で何でも熟す秀才として憧れ、ミズキの友達として誇りに思っていた過去が描かれている。


ナルト達7班の担当上忍であるはたけカカシとはお互いに敬語で話しているが、実際はカカシの方が4歳年上。

最終回では、時が経ち、ちょっと老けた姿で登場。
あるイタズラ小僧が行ったイタズラを見て「忙しい父親にかまってもらいたかったから」と理解を示し、憤慨する木ノ葉丸に対して「彼もいつか分かってくれる」と穏やかに諭している。

699話と最終回の間を描いた劇場版『THELAST』では主に回想シーンで登場し、イルカが過去にアカデミーでナルト達に出した課題がナルトとヒナタの距離を近付ける切っ掛けの一つとなっている。
EDで描かれたナルトとヒナタの結婚式では、感極まって涙を流していた。なお、小説「木ノ葉秘伝」によると、ナルトの父親代わりとしても出席だったことが明かされており、彼とナルトの信頼関係の強さを感じさせている。

使用術

  • 空雷撃(激闘忍者大戦シリーズ)
  • 一糸灯陣
  • 結界法陣(ナルティメットストームシリーズ)


関連イラスト

はじまり
アンタも他の大人みたいに遠巻きに接してくれた方がよかった。



別名・表記ゆれ

イルカ先生 イルカ
動物のイルカとの混同を避けるためタグには、フルネームで記述する・作品名をつける、などをすることが望ましい。特にカップリング絵(いわゆるBLに相当するもの)であれば、検索避けにその旨のタグをつけるべきである。

関連タグ

NARUTO 
うずまきナルト はたけカカシ ミズキ(NARUTO)
カカイル

土井半助:同じ関俊彦が演じている忍者学校の先生。

pixivに投稿された作品 pixivで「うみのイルカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2650402

コメント