ピクシブ百科事典

かぼちゃ計画

かぼちゃけいかく

川原泉の読み切り漫画。1989年作品。 単行本『フロイト1/2』(文庫版では『中国の壺』)に収録。

内容

題名は主人公女の子戸倉羽希が、小学校の頃クラスのみんなでヘチマを植えたはずが1本だけ別の苗が混入しており、見事なかぼちゃが育ってしまったエピソードから、思い通りに行かない計画のこと。
小さい頃から鍵っ子で近所の若草老人会に入り浸って囲碁を打っていた羽希は、計画では若いうちに特別推薦で老人会の正会員になって…

一方、サッカー部篁近衛は、かつては碁のプロ棋士を目指し、当初の計画として碁会所で1000連勝を目指していたが見事に999連勝でストップしたことがあり、「わざと囲碁から遠ざかりサッカーなんかに打ち込んでみたりしたけれど…時々サッカー・ボール白黒の囲碁に見えたりゴールネットが碁盤の目に見えたり…」。

物語後半では、2人が過去に会っていた(そして羽希がすっかり忘れていた)ことが判る。

関連タグ

川原泉 花とゆめ 囲碁 かぼちゃ

囲碁サッカー部

pixivに投稿された作品 pixivで「かぼちゃ計画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1983

コメント