ピクシブ百科事典

きれいなジャイアン

きれいなじゃいあん

きれいなジャイアンとは、漫画『ドラえもん』36巻収録の「きこりの泉」で登場した、その名の通りきれいなジャイアンのことである。
目次[非表示]

概要

きこりの泉」とは、ドラえもんのひみつ道具の一つ。
この泉にものを投げ入れると女神ロボットが出てきて、彼女の質問に正直に答えると、投げ入れたものの代わりにもっといいものがもらえるというもの。

この道具の存在を知ったジャイアンは、欲張って家にある全ての古くなったおもちゃを新品同様にする為に泉に入れようとする。が、誤って自分が落ちてしまう。
その結果、女神ロボットと共に登場したのが、きれいなジャイアンである。
「これですか?」と、尋ねる女神ロボットに対し、ドラえもんとのび太が「いえもっと汚いの」と正直に答えてしまったため、「あなたは正直な人です。ごほうびにきれいなジャイアンをあげましょう」と、きれいなジャイアンを譲与された。このジャイアンはのび太とドラえもんを君付けし、勉強をしようと誘うなど、中身まで綺麗だった。
ちなみにアニメでのこの話のラストでは、本来のジャイアンは「汚い俺はどうするんだ!?」とボヤいている。

「ジャイアンの体型はそのままに、顔だけきれい」という衝撃的な容姿から、原作ではこの話だけの登場にもかかわらずインターネットを中心にとても高い人気があり、フィギュア化されたり藤子・F・不二雄ミュージアムに泉から出てくるきれいなジャイアンの像が作られたりするほどである。

このジャイアン、なんと水田版アニメの「顔か力かIQか」で再登場。
「知能・体力・かっこよさ」の3要素を、例えばかっこよさを上げたらその分知能と体力を下げるといったようにプラスマイナス0になる範囲で自由にいじれる「いいとこ選択しボード」を使ったのび太が「顔のレベルを目一杯上げれば、ジャイアンのパワーも弱くなるに違いない」と思い、いつもの汚いジャイアンの顔のレベルを上げた結果この顔になった(心なしかイケボになっている)。
しかし、体力を最低にしたジャイアンものび太より強かったため、のび太は仕方なしに自分自身の体力を最高レベルに引き上げる。代償としてのび太は外見も知能も北京原人になってしまったが、きれいなジャイアンはボコボコにできた。
ちなみに、原作にもこの話はあるが、ジャイアンの顔をいじる下りは存在せず、北京原人と化したのび太が素のジャイアンを倒している。

関連イラスト

きれいにしてあげて
きれいな剛田兄妹


きれいなジャイアン
きれいなジャイアン



パロディ

神奈子の泉



関連動画


藤子・F・不二雄ミュージアムにあるきれいなジャイアン像

関連タグ

ドラえもん ジャイアン 剛田武 高畑さん きこりの泉 木村昴
高倉冠葉←リアルきれいなジャイアン
公式が病気 美化 きれいな
きれいなイーラ

pixivに投稿された作品 pixivで「きれいなジャイアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2024957

コメント