ピクシブ百科事典

くのいち

くのいち

コーエーテクモ発売のゲーム『戦国無双』シリーズの登場キャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 女性の忍者のこと。→くノ一
  2. コーエー発売のアクションゲーム戦国無双』『無双OROCHI』シリーズに登場するキャラクター。

本項目では2について説明する。

概要 

CV:永島由子  
身長:152cm(1)→158cm(3~) 年齢:15歳(1のみ)        
戦国無双(第一作)』から登場したプレイアブルキャラクター。
他の登場武将たちと異なり、題材となった人物が明確にされていない本作オリジナルのキャラクターである。

真田幸村に付き従う女忍者
忍者としては軽率とも取れる言動が目立つが、身体能力は高く与えられた任務は着実にこなしている。
『1』・『1猛将伝』及び『無双OROCHI』シリーズでプレイヤーキャラとして使用可能。『2』では双六モードでゲスト出演したが使用不可。『3』においてプレイヤーキャラとして再び使用可能となった。

ちなみに本名は不明であり、他のキャラクターからは名前で呼ばれない(「くのいち」と呼ぶキャラクターは居ない)。主君である幸村や信玄からも「そなた」「お主」などの二人称で呼ばれている。
しかしながら『無双OROCHI』シリーズでは「くのいち」と呼ばれる事もある。
また、『3』や『chronicle』では稲姫から「くのちん」と変な渾名で呼ばれた事も。

性格

基本的には、どこか現代っ子風のおちゃらけた口調を用いるが、その性格や行動理念は作品によって異なる。

『1』『無双OROCHI1』の彼女は、服部半蔵とはベクトルが違うものの発言がやや猟奇的であり陽気な口調で残酷な事を口走る事も多い。ノーマルエンドで幸村と死別した際も「遊び相手がいなくなった」程度にしか思っていないような素振りをみせる(ただし、直後に物哀しげな表情も見せている)。

一方、再登場した『3』以降のタイトルでは、幸村に対して密かに恋心を抱いているが、自身が忍びであることを理由にそれを口に出せず苦悩するなど、乙女らしい性格で描かれている。

また、経歴についても徐々に掘り下げられており、アニメ版では幸村との子供時代の思い出を語る場面もあり幼馴染の間柄である様子。『4Empires』では一部イベントで主君に親代わりを願い出ようとするなど孤児であるかのような台詞もみられる。
『戦国無双真田丸』では幸村より歳上であり、彼がまだ子供時代から真田昌幸に仕えて戦場に出ている。
戦で家族を亡くし武田家に拾われ、武田家滅亡後は幸村と信之に誘われ真田の忍びとなった。

交流関係

前述の性格の変動により、他キャラクターとの交流も様々である。
シリーズを通して主君である幸村はもちろんのこと、その上司の武田信玄からもその才能を買われており、軍略の要として重宝されている。

『1猛将伝』から参戦した稲姫に対しては、戦いの先を見据えられない理由を己と同じ系統の「戦好き」だと決めつけ、彼女の前に神出鬼没に現れては煽り、たびたび悩ませる存在となっている。
『3』では性格の変動もあり、それほど色濃く関係は描かれないものの「稲ちん」の愛称は相変わらず。大阪の陣では敵味方に分かれながらも幸村の身を案じ、くのいちに彼を守るように頼む姿もあった。『4』では幸村の兄で稲姫の夫でもある真田信之が無双武将化した影響か、ときには信之を話の引き合いに出して稲姫をからかうことも。

『3』の本編において一時共闘することになった北条家の面々(北条氏康風魔小太郎甲斐姫)とも交流が生まれた。とくに甲斐姫からは彼女の負けず嫌いな性分もあってか何かと対抗意識を燃やされ、くのいち自身もその荒々しい性格から彼女を「熊姫」と称して小馬鹿にしたりとソリが合わない。ときには味方同士で武功を競い、ときには敵対しながら憎まれ口を叩き合うなど、顔を合わせる度に口喧嘩を展開する犬猿の仲だが、次第に友情を築いていく。

アニメ版では、月丸(つきまる)という名前のムササビを連れている。
常に彼女の肩や頭に身を置き、彼女の仕草を真似したり、戦闘では敵の顔に張り付いたり煙玉をバラ撒いてサポートするなど、だいぶ懐かれている。なお、月丸は同時期に発売された『4-Ⅱ』においても逆輸入されサポートキャラクターとして登場。無双奥義発動時にその愛らしい姿を現している。
(なお、新武将モードで作成したエディット武将がくのいちの武器を装備しても月丸が登場する)

『戦国無双真田丸』において登場した佐助とは口喧嘩をしながらも共闘し幸村に仕える内に次第に家族の様な絆を育んでいく。

人物像のモデル

武田家に仕えた女忍者「望月千代女」と、『真田太平記』などに登場する「草の者 お江(おこう)」の二人がモチーフにさせれていると言われている。

前者は、くのいちの説明欄に千代女の記述がされてある事と、ストーリー開始時は武田に仕えており信玄を「若殿」と呼んでいた事から。後者は大阪夏の陣で幸村と共に闘い、最後には幸村の死を嘆き悲しむという話から。

まぁ、いずれにせよオリジナルキャラクターなのでこまけぇこたぁいいんだよ

ちなみに『100万人の戦国無双』のレア凡Aが「望月千代女」。
繰り返し言いますが、あくまでモチーフなので!

『無双』シリーズのオリジナルキャラなので、それ以外の作品に出ることは無い
…と思いきや『ポケナガ』のランセ地方に彼女らしき人物がいるような…?

言葉使い

時は戦国乱世。海外との交流こそあったものの、日常会話で外来語が横行することはまずなかったはずである。

しかし、彼女のセリフの中には…
「御館様、リーチですよ」「幸村様、デートしてください」
…など、横文字が登場することがしばしば。

同じく石川五右衛門(安土・桃山時代の盗賊だが、伊賀で忍者に弟子入りしている説も有)も…
「俺様のファン」「アウチ!」「ノー!」
…などの台詞が。忍びの情報網は海までも越えてしまうのか…

ちなみに服部半蔵ねね風魔小太郎といった他の忍者たちからはない。
ただし半蔵は「チッチッチッ…」と舌を鳴らしながら相手を窘める西洋人のジェスチャーを何度か使用している。

『3』以降のくのいちは外来語を全く使わなくなった。
(代わりに福島正則が「ファイッ!」とか言ってた気がするが気にしてはいけない。)
一方で、昨今では「敵を見つけて倒すだけの簡単なお仕事です」「こういう時、どんな顔すればいいかわからないすよ」などのネットスラングめいた言葉を用いることが多くなった。

まったくの余談だが、島津義弘豊久の「チェスト」は日本語である。
(厳密には薩摩発祥の古流剣術・示現流の掛け声)

バトルスタイル

専用武器は、逆手に握った二本の苦無(くない)。
(従来の苦無に比べると刀身が長くソリがあるため、どちらかと言うと曲刀に近い)
リーチは短いものの、素早い攻撃でコンボを繋げやすい。合間合間に見せるおちゃらけポーズもご愛嬌。

『2』で新たに参戦したねねに同型武器のお株を奪われてしまうが、『3』での再登場以降は武器の形状や技のモーションなどで差別化されている。

無双奥義および真・無双奥義の文字は、前述の性格の変化の影響か、登場初期はそれぞれ「殺」「葬」であるのに対し、『3』で再登場して以降は「密」「瞬」に変更されている。

関連イラスト

戦国無双(無印)        

くの


戦国無双3

ドロン★


戦国無双4

4コス!



関連タグ

戦国無双 戦国無双3 戦国無双4 無双OROCHI 無双OROCHI2
忍者 女忍者 くノ一
服部半蔵 風魔小太郎 ねね
真田幸村 稲姫 甲斐姫
月丸

史実?戦国無双 〉 ポケナガ

pixivに投稿された作品 pixivで「くのいち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11535236

コメント