ピクシブ百科事典

くるぶし

くるぶし

下腿骨(脛骨及び腓骨)の遠位端が皮膚の上に盛り上がって見える部分。
目次[非表示]

概要

くるぶしとは、足首の関節の内外両側に突き出した骨。内側は脛骨の末端、外側は腓骨の末端。
専門用語では「内果」「外果」という。

語源・由来

古くは「つぶふし」と言い、「つぶ」は「粒」の意味、「ぶし」は「節」の意味で、「つぶなぎ(「なぎ」は不明)」という語も見られる。
「くるぶし」の語は室町時代から見られ、近世後期の江戸では庶民の口頭語として「くろぶし」「くろぼし」とも言われた。
その丸みが「粒」とは言い難いため、「つぶぶし」の「つぶ」が「くる」に変わったと考えられ、「くる」は物が軽やかに回るさまの「くるくる」や「くるま」などの「くる」と同じであろう。
近年、くるぶしが露出するスニーカーなどの靴との組み合わせに用いられる靴下(スニーカーソックス)を、若者言葉で「くるぶしソックス」と言うようになり、単に「くるぶし」とも言うようになった。

(『語源由来辞典』より引用、編集)

関連タグ

  足首

pixivに投稿された作品 pixivで「くるぶし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284371

コメント