ピクシブ百科事典

こいのぼり

こいのぼり

鯉の形を模した吹き流し。男児の成長を願って掲げられるものだったが、現在では家族全員の健康や地域の安全などを願って掲げられることも多い。
目次[非表示]

概要

こいのぼりとは江戸時代に武家で始まった、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世を願って家庭の庭先で飾られた鯉の形を模して作ったのぼり。不織布などにの絵柄を描き、の先に掲げて風をはらませてなびかせる。現在はグレゴリオ暦(新暦)5月5日まで飾られ、の季語として用いられる。飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となった。

本来は真鯉(黒い鯉)のみで、明治時代から真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の対で揚げるようになったが、昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となった。ただし、過渡的にだけという組み合わせも見られた。

最近ではオレンジといった、より華やかな色の子鯉も普及してきており、所によっては女の子も含め家族全員の分の鯉を上げる家もある。暖色の子鯉の増加はそういった需要に応えてのことのようである。

さおの先に回転球やかご玉、その下に矢車を付け、五色もしくは鯉などを描いた吹流しを一番上に、以下真鯉、緋鯉、等を大きさの順に並べて揚げるのが一般的。

なお都市周辺では、1980年代以降の住宅事情(庭付き一戸建て住宅の減少とマンションなど集合住宅の増加)や少子化などのため、民家の庭に高々とこいのぼりが揚がる姿を見ることは少なくなっている。

『こいのぼり』というタイトルの唱歌と童謡がある。

  • 唱歌
 作詞者不詳、作曲・弘田龍太郎 『鯉のぼり』 1914年(大正3年)
  • 童謡
 作詞・近藤宮子、作曲者不詳 『こいのぼり』 1931年(昭和6年)

関連イラスト

5月5日 こいのぼり
こいのぼり



関連タグ

鯉のぼり 鯉幟
こどもの日 かしわ餅 端午
 

pixivに投稿された作品 pixivで「こいのぼり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1546568

コメント