ピクシブ百科事典

さかなクン

さかなくん

さかなクンとはイラストレーター、タレント、魚類学者、東京海洋大学客員准教授でギョざいま〜す。
目次[非表示]

イラストレーター、タレント、魚類学者、東京海洋大学客員准教授。ハコフグを模した帽子を常にかぶっていることで知られる。その名前から敬称をどのようにつけるべきか悩まされる人物の一人。
語尾に「ギョギョ」をつける事でも有名でギョざいます。

概要

さかなクンは、日本の魚類学者、タレント、イラストレーター。本名は宮澤正之。肩書きは「東京海洋大学客員准教授」。

テレビ東京の番組「TVチャンピオン」の「第3回全国魚通選手権」に出演した事をきっかけに魚に詳しい素人として知名度を上げ、タレントとして活動するようになった。

甲高い声や落ち着きの無い仕草の他、バラエティー番組では「ギョギョー!」という独特な叫び声を上げるなど、特徴的なキャラクターで知られている。
ハコフグの帽子がトレードマークで、バラエティー番組以外でも、硬い番組や記者会見のみならず、今上天皇が出席する会(宮内庁の承諾済み)に至るまで、テレビカメラに映る場面では高確率でハコフグの帽子をかぶっている。

魚類学者

さかなクンは子供の頃から魚に詳しく、学校では「博士」等と呼ばれる事があったという。

魚以外の海洋生物、爬虫類や両生類にも詳しく、中学3年生のときには学校で飼育していたカブトガニの人工孵化に成功し、新聞で取り上げられた。(カブトガニの人工孵化の成功例は非常に珍しい)

また、生きている魚に関する知識だけでなく魚の料理法にも詳しく、原型を留めないまで調理された魚を食べて種類を当てたり、刺身を食べて産地を推測する事もできるといわれる。

功績

平成22年(2010年)、絶滅したとされていたクニマスの再発見および生存確認に大きく貢献し、一躍話題となる。
京都大学教授の中坊徹次氏にクニマスのイラストを依頼された際、参考のため近縁種のヒメマスを全国から取り寄せた所、山梨県の西湖から取り寄せた固体がヒメマスとは異なる事に気付く。その固体を中坊教授の元へ持ち込んだ所、解剖や遺伝子解析からクニマスである事が判明。
この功績により、さかなクンらクニマスの発見に貢献した人達は、平成22年(2010年)12月22日に行われた天皇陛下の記者会見にて、さかなクンと同じく魚類学者の今上天皇から名前を挙げて賞賛されている。

蛇足

中学校時代、「吹奏楽部」を水槽学部」と勘違いして入部した。その影響で現在でもサックスとバスクラリネットの演奏はかなりの腕前で、2016年には東京スカパラダイスオーケストラとCMで共演している。
また邦楽界で浜崎あゆみが全盛だった頃も彼女の存在を知らず、その愛称である「あゆ」を「」の事だと思っていた。
魚類に対する並外れた知識や、ひょうきんなキャラクターながら意外と高い地位の人である事から、ネット上にて、さん付けで「さかなクンさん」と呼ばれたりしている。
常にハコフグの帽子をかぶっているため、「さかなクンの本体は上の魚で、宮澤正之氏に寄生している」等という噂がネット上でまことしやかに(?)語られている。
鈴木拓が中学の同級生だったという話は有名であり、学生時代にTVチャンピオンに出場していたため、年齢非公表だが年齢をほぼ特定できてしまう。

関連タグ

魚類学者 学者 専門家
タレント イラストレーター
ハコフグ クニマス
さかなクンさん さんをつけろよデコ助野郎

pixivに投稿された作品 pixivで「さかなクン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357024

コメント