ピクシブ百科事典

さやほむ

さやほむ

『魔法少女まどか☆マギカ』での、美樹さやかと暁美ほむらのカップリングタグ。
目次[非表示]
青黒漫談


魔法少女まどか☆マギカの登場人物、暁美ほむら美樹さやかのカップリング。


概要

本編で対立する場面ばかり描かれているせいか、最も扱いの難しい組み合わせとなっているように思える。
一応、ほむらがさやかを助け(ようとし)た場面(6話や8話)も
さやかがほむらを(結果的に)助けた場面<※下記参照、10話ネタバレ注意>もあるのだが……。

あまりのマイナーぶりに、画像掲示板ふたば☆ちゃんねるでは「カプ論争の際にさやほむの話をすると、その不憫さのあまり、双方矛を収めてしまう」という流れまで出来てしまった。彼の場所において、他の場所ほどカプ論争が活発ではないのはさやほむのお陰である…かもしれない?→青ほむ

しかし、扱いが難しいということは逆に妄想のしがいがあるということである。

最近は増加傾向にあり「喧嘩するほど仲がいい」という描写をされてる事が多い。
こちらの表記ではさやかが攻めのため「さやかのテンションに振り回されるほむら」
という描写が多く、またメガほむ時代は「大人しいほむらをさやかがリードする」
という描写が多い。どっちにしろほむらが振り回される傾向にあるのだが、そもそもループによってさやかを魔法少女に引きずり込んだのはほむらなので、そこはおあいこである。

BD/DVD一巻の特典であるドラマCDにて、魔法少女になる以前のほむら(1周目)とさやかの出会いが描かれており、長期の入院生活で勉強に追いつけず落ち込んでいたほむらを心配したさやかがノートを手渡す場面が描写された。本編とは真逆とも言える友好的な間柄であり、それだけに魔法少女に関わったことによる悲劇が強調されることとなった。


----
※10話において、ループ三周目でほむらは銃器による戦闘スタイルを確立するのだが、これは爆弾による不意打ちは近接戦闘タイプとは絶望的に合わない事(脚本の虚淵氏曰く「爆弾アイルーをオトモにしてしまった双剣使い」)をさやかに指摘されたためである。
また、同じく三周目にてまどかがほむらに手渡したグリーフシードがオクタヴィア=さやかのものであると推定されており、さやかのグリーフシードが結果的にほむらの魔女化を防いだということになる。

以降はPSP版および劇場版のネタバレを含みますので、閲覧には注意して下さい
----

魔法少女まどか☆マギカ ポータブル













基本的には原作同様対立関係になることが多いのだが
ほむらルートではさやかの命運が、まどかにも大きな影響を与えてしまうため
ほむらはさやかの運命を変えるべく積極的に行動を起こしていく。

当初は執拗に関わってくるほむらに不信感を抱くが
契約せずに済んだ場合は、さやかの方からまどかと一緒にほむらをお茶に誘うなど友好的である。
さらにこの席でのほむらのアドバイスで、さやかは恭介への告白を決意する。

番外編でも、かなり破天荒な方法でさやかの告白を成功させており、
さやかが恭介と付き合う展開では何かしらほむらが関わっていることになる。

また、このゲームで興味深いのはさやかのほむらに対しての呼び方で
契約した場合は他メディアと同様「ほむら」と呼び捨てで呼ぶのだが
契約しなかった場合は一貫して「暁美さん」と呼んでいる。


ダンジョンパートでは交代時や応援時に仲間に呼びかけるセリフがある。
例えばさやかからまどかに交代する場合「頼んだよまどか」と言う台詞が出るのだが
さやか→ほむらの組み合わせだけは 何故か名前を呼ばない。
ほむら→さやかにはきちんと「美樹さやか」(メガネ時は「美樹さん」)と呼びかけるのだが
さやか側からほむらに対して名前で呼びかける事はない。

叛逆の物語












絶対に忘れない



ここに至って、さやほむは確変を起こした

円環の理に導かれ、その一部となっていたさやかは、「叛逆の物語」において、百江なぎさと共にアルティメットまどかの補佐役として、ほむらの救済のために現世に戻る。
テレビ版では決定的に相容れない者同士だった両者だが、ほむらのループについて知ったさやかは、ようやく彼女の心情や苦悩を理解し、歩み寄る姿勢を取っている。
そのまま和解し終わるかと思いきや、ほむらは終盤にて暴走し、悪魔ほむらへと覚醒。
世界の秩序を乱し、再度の改編を行ったことによって、再びさやかの怒りを買うことになってしまう。
その後、再改編された世界にて、断片的ながら以前の世界の記憶を引き継いださやかは、ほむらを止めることを固く誓った。ちなみに、さやかにとって円環の理の仲間にあたる百江なぎさには、そうした様子は見られていない。

テレビ版での対立は、両者のすれ違いが主な原因であったが、再改編後の世界におけるさやかとほむらは、お互いが最大の理解者と言えるにもかかわらず対立するという、まさに宿敵と呼べる関係となったのだった。ほむらがに叛逆した悪魔(海外では堕天使ルシファーに掛けてHomuciferとあだ名される)ならば、神の補佐役であるさやかは天使のような立ち位置になる、と解釈する向きもある(この場合の悪魔は「神の意志に逆らう者」、天使は「神の意志を実行する者」というのが主な意味)。
また、ルシファーはサタンやサマエルと同一存在と見なされることもあるのだが、偶然にもサマエルを討伐したという伝承で知られる天使・ミカエルは、しばしばさやかのように剣を携えた姿で描かれている。

そんなさやかに対してほむらは、「あの子に嫌われるから」と但し書きはついてるが「普段は仲良くしましょう」と発言している。尚、このときのほむらの手の動きが手話で『助けて』と言っている説もある。

この後物語がどのような方向に進むにせよ、この二人が「物語を動かす存在」になる事はほぼ確実であり、今後の成長が楽しみなカップリングであると言える。

ちなみに、円環の理の一部となり、更なる力を得ていたさやかに対して、ほむらは「貴方もっと不器用な子だったはず」とコメントしていた。何気に酷い発言である。(とはいえ、本編、三周目、the different storyの少なくとも3回は魔法少女として契約した挙句に魔女化している以上、その認識も仕方ないのかもしれない)

二次創作の傾向

「私はあんたのことも助けたいと思っているよ」


叛逆以降、対立を含みつつも距離が詰まっていく二人を描いた物が増えてきた。

さやかはほむらが円環を穢した事は許せないものの、それがまどかの為だった事も理解している。
故にほむら自身に対しても何らかの形で救いを与えたがっている。
(人間としての日常の幸せに引き込もうとしたり、まどか達との仲を保とうとしたり、ガチレズになったり等)
ほむらはそれを時には突き放したり、時には乗っかったり、或いは付かず離れずでいたりする。

ほむらとさやかのマンガ






関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 百合


美樹さやか

↓表記/相手→佐倉杏子鹿目まどか巴マミ暁美ほむら
自分が攻めさや杏さやまどさやマミさやほむ(青ほむ)
自分が受け杏さや(紅騎士と蒼髪姫)まどさやマミさや(蒼髪姫と黄金色の騎士)ほむさや
↓表記/相手→百江なぎさ上条恭介志筑仁美
自分が攻めさやなぎさや仁
自分が受けなぎさや恭さや(さやかちゃんも救い隊)仁さや

暁美ほむら
↓表記/相手→鹿目まどか佐倉杏子巴マミ美樹さやか
自分が攻めほむまど(黒騎士と桃髪姫)ほむあん(ほむ杏)ほむマミほむさや
自分が受けまどほむ(わたしの、最高の友達)杏ほむマミほむさやほむ
↓表記/相手→暁美ほむら百江なぎさキュゥべえ鹿目タツヤ
自分が攻めほむ×ほむほむなぎほむQ
自分が受け(ほむ×ほむ)なぎほむタツほむ

pixivに投稿された作品 pixivで「さやほむ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2808759

コメント