ピクシブ百科事典

しらほし

しらほし

しらほしとは、『ONE PIECE』に登場する人物。
目次[非表示]

概要

リュウグウ王国王女。ネプチューン家長女で末っ子。巨魚ビックキスの人魚。16歳。
絶世の美女だが、ルフィが手のひらに乗る程巨体(カリブー曰く「並の人魚の7,8倍はあるぜ」)。

深海の海賊バンダー・デッケン九世から執拗な求婚を受けており、
彼の能力による攻撃から逃れるため、王家の住居竜宮城内にある硬殻塔で
10年間も軟禁生活を強いられていた。

父はリュウグウ王国国王ネプチューンで母は同王国王妃オトヒメ
三人の兄フカボシ、リュウボシ、マンボシは同王国王子にして同王国軍三強として国を守っている。

プロフィール

本名しらほし
異名人魚姫よわほし(ルフィのみが使用)
所属リュウグウ王国
能力古代兵器ポセイドン
誕生日4月4日(「」らほ「」)
出身地偉大なる航路 魚人島 リュウグウ王国
CVゆかな


能力

数百年に一人生まれるという海王類と会話ができる人魚であり、
ポセイドンと呼称され、古代兵器プルトンと並び称される強大な力である。
悪意を持ってその力を使えば世界を海に沈めてしまえるとまで言われる。
ただし本人はその力に気付いておらず、コントロールすることもできない。

性格

性格は非常に憶病かつ泣き虫で、ルフィからは「弱虫」や「よわほし(しらほし+弱虫の造語)」と呼ばれている。
だが、島の危機には自らを囮に島民達を守るなど、芯が強い。

活躍

初登場の魚人島編の裏主人公的な登場人物で硬殻塔の中に入ってきたルフィを当初刺客と勘違いして泣きじゃくるが、
偶然飛来してきたバンダー・デッケンから救われたことにより信頼するようになる。

その後、「海の森を見たい」とルフィに言ったところ護衛をするから行こうと誘いを受け、
ペットのサメであるメガロの口の中に隠れてルフィと共に魚人島の外れにある海の森へと向かう。

その途中、バンダー・デッケン九世から直接求婚されるが、「タイプじゃないんです」と言って断った。
その場で逆ギレしたデッケンから攻撃を受けそうになるが、ルフィによりデッケンは撃退され、
しらほしとルフィは無事海の森に到達。

海の森到着後、そこでジンベエ麦わらの一味と合流したしらほしとルフィは
その場でホーディ率いる新魚人海賊団によるクーデターが発生した事を知り、
囚われた父ネプチューン王と兄達を救うべく一味やジンベエと共に行動を開始した。

ホーディ達を撃退した後、しらほしはルフィ達や竜宮城の人々と共に宴を行った。
この直後、1人になったところをカリブーに襲われるのだが、間一髪のところでルフィ達に救われた。

その後、一味の出航の時。しらほしは1人で一味の船に駆け寄り、一味とまた必ず会う事を約束して一味と別れた。

その後、823話で再登場。兄であるフカボシ達と共に世界会議(レヴェリー)に参加するよう説得されているが、まだ地上に出ることに抵抗がある様子。

関連イラスト

しらほし
しらほし姫かわいいです


弱虫さんと海賊さんと。
しらほし姫様



関連項目

ONEPIECE リュウグウ王国 人魚 よわほし 巨大娘 極上の女体
オトヒメ ネプチューン フカボシ
モンキー・D・ルフィ ジンベエ バンダー・デッケン九世

pixivに投稿された作品 pixivで「しらほし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 560416

コメント