ピクシブ百科事典

じっちゃん

じっちゃん

『ドラゴンボール』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本人男性への親しげな呼び方。主に高齢者に使われる。
  2. 漫画『ドラゴンボール』に登場する、孫悟空の育ての親の「孫悟飯」について。

本項では2について記載する。

概要

武術達人で、世間にも名を知られた武術家。 悟空を拾った時には既に79歳の老人だった。身長161㎝、体重50㎏とやや小柄な体格。
声優は阪脩ドラゴンボールZなど)、あずさ欣平(TVスペシャル版のみ)、千葉繁ドラゴンボール改)。

主人公・孫悟空カンフーを教えた人物。
悟空からは「じっちゃん」と呼ばれ慕われていた。 作品によっては「孫悟飯じいちゃん」と表記されることも。
若い頃は亀仙人武天老師)の一番弟子であった。亀仙人は悟飯の才能を高く評価している。

宇宙からポッドに乗って落ちてきた尻尾の生えた赤ん坊を拾い、「空から落ちて来たから悟空だ」と「孫悟空」として名付けた。
悟空は最初こそ手の付けられない暴れ者であったものの、頭を打ってからは普通の子供のようにおとなしくなり、悟飯翁は悟空を本当の孫のように可愛がっていた。

しかしある日、を見て大猿化した悟空に踏み潰され、死んでしまう。
死後、悟飯が拾ってきた四星球は悟空の形見になっている。
「大猿化した悟空が悟飯を踏み殺した」という事実に悟空本人が気づいたのは、サイヤ人編におけるベジータとの戦いの時である。

悟空との再会

占いババの力で一日だけこの世に戻り、狐面で正体を隠して悟空と対決した。
戦いの途中で面が取れ、悟空との再会を果たす。
悟空の成長ぶりと冒険を通して友人に囲まれていることを知ると、安心してあの世に帰っていった。
またアニメ版ではアンニンのいる五行山にも出入りしていたため、火事になった牛魔王の城の炎を止めるために五行山を訪れた悟空とチチと会っている。

備考

孫悟空は、チチとの間に生まれた息子の名前に「悟飯」と名付けている。
孫悟飯」といえば多くの場合、そちらを指す。
このように同一作品に同姓同名のキャラクターがいるため、「孫悟飯」で検索時にじっちゃんの方の孫悟飯を探すのは難しい。

関連イラスト

2人の孫悟飯
じっちゃんごめんな



関連タグ

ドラゴンボール 孫悟空(ドラゴンボール) カカロット 孫家 アンニン

pixivに投稿された作品 pixivで「じっちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62237

コメント