ピクシブ百科事典

たかがメインカメラをやられただけだ!

たかがめいんかめらをやられただけだ

アニメ『機動戦士ガンダム』における数ある名言の一つ。

概要

機動戦士ガンダムの最終話にて、赤い彗星シャア操るジオングの猛攻に、アムロの操るガンダムの頭部が破壊された時の台詞。
動力部やコクピットといった重要な部分は胴体に集中しているため、頭部が無くても動かすことは出来た。転じて、この後の名シーンラストシューティングを指す言葉、あるいは頭がなくなっている状態を指す言葉としても用いられる。
機動戦士ガンダムの監督である富野由悠季によるヒーローロボへの皮肉とも取れる台詞であるが、ガンダムがヒーローではなく兵器であるとアピールしている名言でもある。

本編では頭ごと吹っ飛ばされているためよく勘違いされがちだが、RX-78-2 ガンダムの目に見える黄色い部分の名称はデュアルアイで、RX-78-2 ガンダムのメインカメラとは頭部のトサカ両端についた四角形の赤い部分の事である。メインカメラをやられた=目をやられたと誤認している人は結構多いのではないだろうか。

カメラ


ただしこの例はRX-78-2 ガンダムのみの設定にすぎず、ジムガンキャノンのメインカメラはバイザー奥の目に当たるデュアルセンサー部分にあると記述されてたり、SEEDシリーズの機体はデュアルアイ=メインカメラという設定のため、一部機体に関してはメインカメラをやられる=目をやられるという解釈は正しい事になる。

また、RX-78ガンダム以外にも頭部を破壊されたモビルスーツは存在し、第08MS小隊陸戦型ガンダムカレン・ジョシュワの機体がアッガイに頭部を破壊されたことで陸戦型ジムの頭で頭部を代用し、機動戦士ガンダムZZではZガンダムハンマ・ハンマに頭部を破壊され、ザクⅡ頭部を代用している。
なお、後年の小説「ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者」ではこの台詞の対とも言える一言が用いられている。

関連タグ

機動戦士ガンダム ガンダム アムロ・レイ シャア・アズナブル

pixivに投稿された作品 pixivで「たかがメインカメラをやられただけだ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265261

コメント