ピクシブ百科事典

だいち

だいち

JAXAの陸域観測技術衛星。 2006年1月24日、H-ⅡAロケット8号機により打ち上げられ、2011年5月12日に運用終了。お疲れ様でした。
目次[非表示]

概要

JAXAの陸域観測技術衛星。
陸域観測技術衛星だいち(ALOS, Advanced Land Observing Satellite、エイロス)は、地図作成、地域観測、災害状況把握、資源調査などへの貢献を目的として宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した地球観測衛星。
2006年1月24日に H-IIAロケット8号機で打ち上げられた。

2011年5月12日の運用終了まで650万シーンを撮影。
新潟県中越沖地震や四川大地震等の災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。

最期の仕事

寿命3年以上(目標寿命5年)を目標として設計されていただいち。
本来であれば、2011年頭にはすでに運用を終了していたはずであった。が、まだ稼動し続けていたこの衛星は、2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震を受け緊急観測を行うこととなる。
(400シーンを撮影し10府省・機関へ情報を提供。被害状況の把握に役立ったことは言うまでもない)
そして初期観測が一段落した4月22日に電力が低下。復旧できずに2011年5月12日、午前10時50分、バッテリー停止命令送信。運用終了となる。

「そのように作られたもの」が、最後まできちんと稼動して役目をまっとうしただけの話なのだが、涙を誘われるのは何故だろう。

crack - 「だいち」最後の戦い(ALOS's Last Stand)
外部リンク

だいちは海外へ情報を提供してきたことから、そのお返しとして海外の衛星から5000シーンの情報が提供された。

海上保安庁から感謝をこめて、「だいち」(ALOS)へラストメッセージとしてレーザー光線が伝達された. JAXA (2011年10月20日).
外部リンク

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「だいち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156123

コメント