ピクシブ百科事典

ちちびんたリカ

ちちびんたりか

『ちちびんたリカ』とは、コナミによるシューティングゲーム作品『パロディウス』シリーズに出演する不思議生命体の名称。
目次[非表示]

概要

正式名称は『Miss神戸廃止記念 ちちびんたリカ』。

自社の看板作品の1つである『グラディウスシリーズの第四弾『グラディウスII』に登場する要塞防衛用大型多脚ロボットCRAB』を原典とするパロディキャラクターであり、『パロディウス』シリーズの第二弾『パロディウスだ!』から出演を重ねる伝統的なボスキャラクターの1体。

構成

KPEによるパチスロ作品『極楽パロディウス』シリーズの解説曰く「無表情で笑い続ける謎の超巨大生物」。

純白の下地に宝石やスパンコールを散りばめた豪華絢爛なサンバ衣装に身を包み、天井を、を付けながら蟹股へ移動し、往復の合間の甘い吐息と併せて見せる「腰振りダンス」を含めてシリーズの名物となっている女性巨人

作中唯一の撃破不可能なボス級キャラクター(判定が動的オブジェクト=動く障害物)という異彩を放つ存在であり、どんな攻撃を受けてもまるで効いている様子を見せない度外視の頑丈さ、露出度の高さを際立たせる豊満なとくびれたを兼ね備えるセクシーな体躯が特徴だが、ビックバイパーたちの行く手に立ち塞がる理由は一切明かされていない。

「純白の豪華な衣装」「超大型の女性」という関連性から、NHK紅白歌合戦に登場する小林幸子をモチーフとした超巨大人形(通称『幸子EX』)にイメージを重ねられる場合がある。

変遷

パロディウスだ!

ファミリーコンピュータへの移植に際して諸々の事情によって完全再現が不可能となり、後述するオリジナルキャラクター『ミス・ミシタリーナ』に差し替えられたが、この代替措置がゲーム雑誌の作品批評において酷評の的となる事態に発展したため、翌年発売のゲームボーイ版ではモノクロ発色の上に低容量というファミコン以上に厳しい制限を知恵と工夫で切り抜けて見事に再現して見せ、その出来栄えを取り上げた別のゲーム雑誌の作品批評では一転して高評価を得る。

スーパーファミコン移植版でも開発段階で厳しい条件が立ちはだかり、苦渋の決断の末に出演の代償として腰振りダンスの削除が決定したものの、ベルパワー「メガホン」の台詞の1つに「腰振らせてよ!」という自虐ネタを仕込み、この裁定に異を唱えたスタッフの不満を逆手に取って笑いに転換した。

極上パロディウス

外観や行動パターンに特筆する変更点は無いが、前半は下半身のみ、後半は上半身のみが画面に登場する演出を組み込んで桁外れの巨体をアピールし、初見プレイヤーの度肝を抜いた。

実況おしゃべりパロディウス

登場ステージコンセプト祭りであるため、それに倣って胸巻き晒しの地肌に半股引法被掛けという祭衣装に身を包み、金髪を髷に結ってかんざしなどで飾り付け、専用BGMも祭囃子調のアレンジを加えた『ちちびんたリカ(祭Ver.)』として登場する。

セクシーパロディウス

ランダムステージ「ボスラッシュ」に登場する『カプセル怪獣カプチーノ』『キャプテンペンギンノフスキー3世』『イーグル・ワシサブノスケ』『ホットリップス』の4体を除いて旧作の定番ボスキャラクターが一新された中、ステージ2「浴場」中盤の遠景で柱上に設置された巨大モニュメントとして出演を果たす。

CRパロディウスだ

パチンコメーカーのニューギンによるデジパチシリーズにおいて、浅黒く日焼けした姿で登場する。同じくセクシーキャラクターを売りにし、愛機のミサイル男性器に見立てる『ひかる&あかね』以上に卑猥リーチ演出を披露するが、あまりの直接的表現からそれぞれ「マタズリーチ」「パイズリーチ」の俗称を持つ。

  • ノーマルリーチ
    名称内容
    股リーチリカの股間がズームアップされ、中央リールを両腿で挟み込んで回転を操作する。
    胸リーチリカの乳房がズームアップされ、中央リールを両胸で挟み込んで回転を操作する。

  • プレミアムリーチ
    名称内容
    股リーチ体の発光を境に股間のみ衣装を取り去り、中央リールで外陰部を隠す形となる。
    胸リーチ体の発光を境に乳房のみ衣装を取り去り、2匹のタコ乳首を隠す形となる。
※ただし、プレミアム胸リーチでタコが隠すのは乳首のみであるために乳輪は完全に露出している。これに加え、タコが乳房の動きより数コマ遅れて乳首が確認できるシーンが意図的にプログラムされている。

オトメディウスX

トライポッドコアのパイロットT.B.Rika』として登場するが、一部のセリフや専用BGM以外は従来のキャラクター性を刷新した全くの別物となっている。

図解

ゲームレジェンド17のサクルカット



  • 右手側:ちちびんたリカ
実際には腰飾りに連動したマイクロビキニ風の下衣を着用しているものの、サンバ衣装で登場する作品では例外なくその視認性が曖昧となっており、「露出度の高いお色気担当」という設定も相まって一部では「はいてない」説を支持する一派が存在する。

  • 左手側:ミス・ミシタリーナ
先述の通り、他ハード移植作品第一号となるファミコン版での開発に際してハード性能やソフト容量の限界、さらにはハード供給元の任天堂が擁する審査団体『ファミコン倫理委員会』(ファミ倫)からの勧告などによる諸問題に直面して大幅な改変を余儀無くされた結果、リカの代役として登板したオリジナルキャラクター。

発売のために苦肉の策を選んだ開発スタッフ陣もこの差し替えを嘆き、「見したりぃな」(関西弁で「見せてあげなよ」の意)という思いをそのまま名前に起用して送り出したが、作品の話題性を押し上げる一因となったリカの足元にも及ばない希薄、且つ無難なキャラクターデザインが災いし、ゲーム雑誌の批評はおろかアーケード版を知る一般ユーザーからも批判の声が相次ぐ事態となり、結局はファミコン版に寄せられた酷評の大半を一身に背負う不遇極まりない結末を迎えた。

図解の姿はゲーム中に登場するものであり、パッケージイラストでは白無地に黒リボンシルクハット、オレンジ色の2つ丸釦シングルジャケットに身を包み、は結わえていない。負の側面での知名度は高いが二次創作物で起用される事例は少なく、仮に起用されたとしても仄暗い出自と経緯から不幸体質疫病神といったポジションに留まる。

関連イラスト

  • CRAB
クラブ



  • コナミ繋がり

コスプレディ その7くらい



関連タグ

コナミ ボスキャラ パロディウス
みんなのトラウマ 初見殺し 巨大娘 小林幸子

pixivに投稿された作品 pixivで「ちちびんたリカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368211

コメント