ピクシブ百科事典

目次[非表示]

走行の際「チンチン」とベルを鳴らすことから、この呼び名がついている。

そもそもベルの役目は?どういうときに鳴らす?

路面電車が「ちんちん電車」と呼ばれるのには、大きく二つの説がある。
かつて路面電車には車輌の内外にベルが取り付けられていたが、ひとつはフートゴングという足踏みペダル式の鐘で、歩行者や自転車に電車の接近を知らせるもの。もうひとつは、運転士と車掌がやり取りをするための小さなベル(信鈴)である。

信鈴の意味

鳴らす回数によって下表のような意味を持つ。

鳴らす回数鳴らす場所運転士車掌
1回(チン)電停の手前「停まりますよ」「降りる人いるから停まって」
2回(チンチン)電停の手前「降りる客いないし通過していいよね?」「いいよ」
2回(チンチン)電停に停車中「乗降がすんだので発車してもいいかな?」「いいよ」
3回以上(チンチンチンチン…)走行中「緊急停車する」「すぐに電車を止めろ!」

その後(信鈴)

このように、路面電車の代名詞と言えた信鈴だが、ワンマン運転が主体になったことなどから徐々に廃れていった。多くは路面電車の廃止とその運命をともにしたが、現在残っている路線でも前述の合理化などを理由に廃止された例も少なくない。

いっぽうで、路面電車に起源を発する名古屋鉄道(300系以降はブザー)、阪神電気鉄道京阪電気鉄道など西日本の私鉄のほとんどは、2打点式の電鈴として残っている場合が多い(ワンマン線区では未使用)。

車内の鐘が残存している例

函館市電:「箱館ハイカラ號」で使用中。2人乗務のため信鈴として。
とさでん交通(旧土佐電気鉄道):「維新号」で使用中。2人乗務のため信鈴として。
都電荒川線:ワンマン運転のため2打点自動式の電鈴。すべてのドアが閉まると鳴る。発車合図として。
京成電鉄:信鈴を用いるが、電子ブザーに変更されている。停車駅接近時にブザー1回、発車時にブザー2回である。
広島電鉄:2人乗務の際に信鈴を用いるが、電子ブザーに変更されている。

その後(フートゴング)

いっぽう、フートゴングも道路上に自動車が増えてくると騒音にかき消され役に立たない場合が多くなってきたことから空気警笛や電子警笛などに置き換えられ、一時はほとんど消滅しかけた。その中で阪堺電気軌道は、ホーム上の乗客に対する発車合図として現存するすべての車輌にフートゴングが取り付けられているほか、近年投入された富山ライトレールTLR0600形や富山地方鉄道デ9000形など、新造車にも取り付けられている例が見受けられる。

関連タグ

鉄道電車
路面電車
LRTLRV
TNTN

pixivに投稿された作品 pixivで「ちんちん電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240242

コメント