ピクシブ百科事典

つくばエクスプレス

つくばえくすぷれす

秋葉原駅~つくば駅間を結ぶ鉄道路線。略称TX。
目次[非表示]

概要

首都圏新都市鉄道が運営する秋葉原駅東京都千代田区)よりつくば駅(茨城県つくば市)までの58.3km(営業キロ)の鉄道路線。略称TX
茨城県南部と東京都を結ぶ常磐線の混雑緩和を目的とし、2005年8月24日に開業した。建設当時は鉄道要覧での名称「常磐新線」が仮称であった。
開業時から全駅にホームドアがあり、ワンマン運転している。基本はATOによる自動運転で、運転手は出発ボタンを押すだけである。
やや離れて並行している常磐線と同じく、つくば駅の北東にある気象庁地磁気観測所(茨城県石岡市)の関係で、守谷駅~みらい平駅間のデッドセクションを境につくば駅側が交流電化となっている。JR以外でデッドセクションを有する日本唯一の鉄道会社である。
運転最高速度は130km/h。近年開通した鉄道路線としては経営状況もかなり良好。筑波研究学園都市と東京都心を結ぶ最速の交通手段となっており、沿線開発とあわせて利用客の増加が著しい。
東京駅への延伸計画があるが、首都圏新都市鉄道としては新規の大型投資には消極的で、今のところ車両増備による輸送力増強に集中している。(延伸計画で基準となる乗客数は達成している)

但し、予想以上に常磐線からの乗客を奪ったことや女性専用車等が原因が混雑が悪化している。※1

そのため、2016年につくばエクスプレスが必要か否かをTV番組でアンケートしたところ、TX不要が過半数となった。

種別

快速

停車駅:秋葉原~北千住間の各駅・南流山・流山おおたかの森・守谷
当路線の主役。同区間を最短45分であっという間につくば。埼玉県内の停車駅はない。

通勤快速

停車駅:秋葉原~北千住間の各駅・六町・八潮・南流山・流山おおたかの森・柏の葉キャンパス・守谷・研究学園
快速停車駅に加え、六町・八潮・柏の葉キャンパス・研究学園に停車する。初の千鳥停車を採用し、通勤快速は六町停車で三郷中央通過、区間快速は六町通過で三郷中央停車となる。六町はこれまで普通のみ停車していた。通勤快速の運転時間帯は、快速の運転は行われないが、区間快速については同時間帯に増発され、平日の朝の上りおよび夕・夜間の下りは普通・区間快速・通勤快速の輸送体系になる。

区間快速

停車駅:秋葉原~北千住間の各駅・八潮・三郷中央・南流山・流山おおたかの森・柏の葉キャンパス・守谷~つくば間の各駅
同区間の前後で各駅に停車する。守谷 - つくば間は守谷発着の普通を補完する役割を担っている。行先表示器には「区快」と表示。開業前の新聞では「準快速」の併記も見られた。

普通

停車駅:各駅
基本的に秋葉原 - 八潮・守谷・つくば間の運転。八潮・流山おおたかの森の両駅では区間快速・快速と接続(八潮は快速通過駅)。

駅一覧

凡例

●:停車,レ:通過
普通列車は各駅に止まるので省略。

駅名読み快速通勤快速区間快速乗換え備考
秋葉原あきはばら
  1. JR山手線/京浜東北線/中央・総武緩行線
  2. 東京メトロ日比谷線
  3. 都営地下鉄新宿線(岩本町駅)
新御徒町しんおかちまち都営大江戸線
浅草あさくさ※東京メトロ、都営地下鉄、東武鉄道の合流する浅草駅より、やや離れている。徒歩連絡は可能。
南千住みなみせんじゅ
  1. JR常磐快速線
  2. 東京メトロ日比谷線
この駅~北千住間は3路線併走。
北千住きたせんじゅ
  1. JR常磐快速線
  2. 東武伊勢崎線
  3. 東京メトロ千代田線/日比谷線
青井あおい
六町ろくちょう
八潮やしお
三郷中央みさとちゅうおう
南流山みなみながれやまJR武蔵野線
流山セントラルパークながれやませんとらるぱーく
流山おおたかの森ながれやまおおたかのもり東武野田線
柏の葉キャンパスかしわのはきゃんぱす
柏たなかかしわたなか
守谷もりや関東鉄道常総線
みらい平みらいだいら
みどりのみどりの
万博記念公園ばんぱくきねんこうえん
研究学園けんきゅうがくえん
つくばつくば当駅から土浦駅圏央道経由成田空港雪の高速バスが存在する。

備考

※1 流山おおたかの森駅南流山駅の乗降人員は2012年度に各駅で6万人を越え、守谷駅は近年、45,000人を越えたのに対して、常磐線松戸駅は2010年に乗車人員が10万人を下回り、取手駅も減少している(柏駅に関しては北総線の運賃の問題があるからかそこまで減少していない)。

延伸計画問題

建設段階初期から路線をさらに延長して水戸方面で常磐線と合流する計画があるが、これが水面下で問題となっている。というのも、配線の関係でこのまま石岡市方面を目指した方が短距離で既存の密集地を避けられ建設コスト的にも有利なのだが、これに対して土浦市がすさまじい不快感を示していることである(土浦市としては「土浦市内の新駅」ではなく、あくまでも「土浦駅」を経由させたがっている。しかも土浦市は市政60年のプライドがある為つくば市優先の延伸計画はとても気に入らない)。「土浦なんて落ち目だしシカトして飛ばせばいーじゃん」と思うかもしれないが、困ったことに土浦市は県内どころか全国でも23区以外では数えるほどしかないレベルの財政健全自治体(市役所新庁舎の新規建設をしないなど市の雑費をケチっている為なのだが)の為、土浦市の出資が受けられないと延伸計画そのものに支障が出る……という状況に陥っているのである。
(あれだけボロ天国の“国鐵水戸”状態が続いていた常磐線の車両が一気にE531系に置き換わったのも、土浦市がそのプライドの為に、牛久市竜ケ崎市を誘ってJR東日本に出資し「つくばエクスプレスの負けない新車をとっとと投入しろ!」(超意訳)とか言い出したためである。ことほど左様に土浦市の影響力は県南地区においてはまだまだ強い)

車両

いずれも6両編成。
TX-1000系:秋葉原~守谷間の直流区間でしか使えない。
TX-2000系:主力車両。交直流電車。

関連タグ

筑波 つくば エクスプレス つくばエクスペンシブ 秋葉みらい
首都圏新都市鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「つくばエクスプレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160146

コメント