ピクシブ百科事典

つららおとし

つららおとし

ポケモンの技の一つ。
目次[非表示]

データ

初出第5世代
いりょく85
PP10
めいちゅう90
タイプこおり
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃×
備考30%の確率であいてをひるみ状態にする
英語名Icicle Crash


解説

第5世代で登場したこおりタイプの技。
第7世代現在物理氷技3位の威力である。

1位は専用技。2位のアイスハンマーは現在ケケンカニのみ習得。

習得できるポケモンはパルシェンツンベアーウリムー系統・ニューラ系統。
物理技だけあってか物理偏重型に習得者が多い。

が、パルシェンはスキルリンク「つららばり」、ウリムー系統は技スペースが足りない、ツンベアーは鈍足…と、使用者が軒並み他の技を入れたほうが強い、と言う状態だった。
ただし、ウリムー系統のマンムーに関してはダブルバトルになると一転してつららばりよりもつららおとしの方が採用率が高くなる現象が発生する。
これはマンムーはそこそこ素早く、ダブルバトルがひるみゲーと言われるほどに1ターンのひるみの恩恵が大きい事や1ターンが重要なダブルバトルでは威力の安定しないつららばりは使いづらく、単発で安定した威力を出せるつららおとしの方が需要が高いためである。
そのためこの技をレーティングで見るのはダブルバトルばかりという有様であった。

しかし、第6世代で、遂に全ルールのバトルで最も有効活用できるポケモンの手にこの技が渡った。
マニューラである。
マニューラはご存知物理速攻アタッカーとしての運用が主であるのだが、習得技が接触技ばかりで、直接攻撃に反応する特性に非常に弱いという欠点を抱えてきた。
こおりのつぶて」があるものの威力40。威力が高めの「れいとうパンチ」があるが追加効果が心もとなく接触技で前述の欠点にあてはまってしまう。
そこにやってきた非接触物理技、しかもタイプ一致の「つららおとし」は、まさにマニューラの戦術を拡げたと言える。
マニューラの素早さならひるみも十分に狙えるだろう。惜しむらくはタマゴ技であるためORASがないと「はたきおとす」や「けたぐり」と両立できない事か。



ちなみに、ORASではおきがえピカチュウのうちの一匹、マダム・ピカチュウが覚えられる。でんきタイプにとってこおりタイプの技は相性補完バッチリではあるのだが、あのコスプレはプリムのものとでも言うのだろうか・・・?

余談だが、この技の英語表記はIcicle Crash(これでアイシクルクラッシュと読む)。
Icicleはつららを意味する名詞、Crashは「ぶつける」「砕ける」を意味する動詞である。
落ちることからfall(フォール)を連想してIcicle Fallと勘違いしている人もいるかと思う。
だが、こう読むと某氷の妖精あの技になってしまうので注意。
あくまでも「落とす」のであって「落ちる、落下する」のではない。
一応「落とす」の意味もあるのだが基本的には上の説明の通り。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ツンベアー

pixivに投稿された作品 pixivで「つららおとし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199

コメント