ピクシブ百科事典

どくどくのキバ

どくどくのきば

ポケモンの技の一つ。
目次[非表示]

データ

初出第3世代
いりょく50
めいちゅう100
PP15
タイプどく
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考30%(~第5世代)→50%(第6世代)の確率で相手を「もうどく」状態にする


概要

第3世代から存在する技。
猛毒を帯びたキバで相手に噛み付く技。
習得者は主にどくタイプだが、ポチエナクチートチゴラスと言った例外も。
ポケモンの技では唯一となる追加効果で相手を「もうどく」状態にする技である。
(どくびしも「もうどく」状態に出来るが追加効果ではない)

このように、追加効果は優秀。
なのだが、威力はなんと僅か50。しょっぱすぎる。
「追加効果が強いんだから威力は低くて当然」と考えたくなるが、どく技には(追加効果こそ「どく」ではあるが)同確率・威力80どくづきが存在している。
しかもあちらは技マシンの技。汎用性でも負けてしまっているのである。

追加効果に賭けようにも、相手を「もうどく」状態にするなら不動のどくどくの存在が大きすぎる。
追い討ちをかけるようにXYではどくタイプの使う「どくどく」が必中になってしまった。
習得者の大半がどくタイプのポケモンである事が完全に仇になっている…。

一応ガチゴラスがフェアリー対策に積む場合もある。
が、特性・相性を加味してもストーンエッジでいいと言う結論に繋がってしまう。
(ストーンエッジ…100×1.5(タイプ一致)=150・どくどくのキバ…50×1.5(特性)×2(弱点)=150)
ちなみにどくどくのキバのダメージがストーンエッジのダメージを越えられるのは相手がエルフーンの時のみである…。

ちょうはつで止まらなかったり、攻撃と「もうどく」状態の両立が出来たりする点は評価出来なくも無い。
第6世代ではもうどく状態にする確率が上がったが、確率50%ではまだまだ不安が残る。
ほっぺすりすりのような技であればまた使用者が増えたかもしれないが…そう考えると残念な技である。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵
どくタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「どくどくのキバ」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5198

コメント