ピクシブ百科事典

どんな判断だ

どんなはんだんだ

「どんな判断だ。金をドブに捨てる気か。何千万円もかかっているんだぞ。」
目次[非表示]

どんな概要だ

大手ゲーム会社カプコンにて、2010年当時の執行取締役であった稲船敬二氏が、社内の開発承認会議の中で、あるゲームの企画に対して、同社の川田将央プロデューサーに言い放った言葉。
ソースは2010年8月に放映されたテレビ東京のトーク・ドキュメンタリー番組『カンブリア宮殿』。

0:58より該当シーン


計画の甘さや、利益になりそうもない他者の行動を気軽に批判できる、文体も変えやすく使いやすいネットスラングの1つとして、主にテレビゲーム好きなネットユーザーを中心に流行し、2010年度ネット流行語大賞にもノミネートされた。
上記の一連のセリフを略して「どん判」「どん判金ドブ」などと使われることも。

なお、番組内の字幕スーパーでは「どんな判断」という表記になっており、それがそのまま流行する形になったが、映像を見ての通り大阪府出身の稲船氏は関西弁で喋っているため、正確に文字に起こすと

「どんな判断。金ドブに捨てる気か。何千万もかかってんねん(ぞ)、このフリプロ…」

となる。

稲船氏本人もこの流行を気に入っていたようで、カプコン退社後に執筆した2冊目の自著に
どんな判断や!』と名付けたほど。

真相をドブに捨てる気か

上述の自著『どんな判断や!』で、稲船氏は、『カンブリア宮殿』では前後の経緯がカットされているとした上で、この発言に至るまでを語っている。
それによると、川田氏らプロデューサー陣は、開発承認会議前日に稲船氏にゲームの企画書を提出。最終確認を行っている。
ところがその直後、稲船氏の元に「P陣は既にそのゲームの試作品も作っているが、開発承認会議に出したがっていない」という情報がもたらされる。
P陣の弱気に怒った稲船氏は件の試作品でのテスト映像を入手し、会議でP陣のプレゼンテーションが終わった後経営陣に提出。経営陣からは「立案から3ヶ月で試作品段階まできたのか。凄い」という高評価が帰ってきた。
それを受けて稲船氏は「わずか3ヶ月でここまできたのに、どのような判断で試作品を出し渋った。なぜ全力で承認会議に臨まない。ここまでに費やした開発費をドブに捨てるつもりなのか」とP陣を叱った…とのことである。

稲船氏の名誉のために書くと、Googleで「稲船敬二」で画像検索すると、氏のにこやかな表情やお茶目な表情の画像がほとんどを占める。「どんな判断だ」で見せた険しい表情は、稲船氏が真剣に開発承認会議に臨んでいる事を示したと言えよう。

関連項目もかかっているんだぞ

関連イラスト

例大祭の申し込みカットのカラー版
パーツ代ドブ


金ドブ


関連タグ

カプコン 稲船敬二 なぜベストを尽くさないのか
どんな状況だ どんな名前だ
ネットスラング ネットスラングの一覧
バンナム商法:対義語。ユーザーのことを考えないやり方で金を稼ぐ。

pixivに投稿された作品 pixivで「どんな判断だ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67376

コメント