ピクシブ百科事典

なぞの神官

なぞのしんかん

なぞの神官とは、ドラゴンクエストシリーズに登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

初登場はドラゴンクエスト8
信者を統率していた暗黒の神の神官。
闇の遺跡を荒らす者達に対して襲いかかる。
名前の割に、身元が分かっちゃっている…。
主に呪文を使った攻撃を得意とし、ベギラゴンを唱えて相手全員を攻撃したり、
倒されたモンスターをザオリクを唱えて蘇生させてくる。
通常攻撃は隠し持っていた大鎌を使って攻撃する。
他にも、呪いの玉を使って相手を行動不能にさせてくる。

なぞの神官系のモンスター

  • 闇の司祭

暗黒神復活の儀式を執り行う闇の司祭。外見も闇のように黒い。
バギクロスを唱えてくるが、2回ぐらいしか使うことができない。
呪い攻撃を使って、相手を行動不能にしてくることがある。
なお、なぞの神官系の中では唯一の悪魔系(他はいずれも怪人系)。

  • ブラックルーン
あらゆる秘術を極めた恐るべき魔術師。
このモンスターにかかれば操れない呪文は無いと言われているらしいが、流石に全て使わない。
ラリホーマとマヌーサとメダパニで相手を妨害する呪文を唱え、ザラキーマを唱えて相手全員を即死させようとしたり、ベホマやザオラルで他のモンスターを回復させたりする。

関連タグ

ドラクエ 神官 ラプソーン

コメント