ピクシブ百科事典

ぬきたまさふみ

ぬきたまさふみ

ぬきたまさふみとは3DSに移行してからの「ポケモン」シリーズのシナリオを担当する人物。通称「ヌキカス」。
目次[非表示]

概要

ニンテンドー3DSに移行してからのポケモンシリーズのシナリオライター。
2014年12月時点で素性不明の人物。インタビューなどでも殆ど露出していないためスタッフロールでのひらがな表記でしか伺えない。
しかしニンドリのインタビューにおいて作曲の景山将太氏によって「(エピソードデルタには)シナリオの貫田さんをフルで投入した」との発言があった。
この「貫田さん」が、「ぬきたまさふみ」氏である可能性が非常に高い。

作風

エピソードデルタにおけるヒガナのキャラクター性から、非常に癖が強い作風と言える。

  • 「いい人」として認めるライバルに暴行して窃盗。
  • ミツルが不在時に彼のキーストーンを窃盗
  • ツワブキ・ダイゴへの「元チャンピオン」「キミには期待していない」などの棘のある発言
  • マグマ団orアクア団を利用して切り捨てる一種の冷淡さ
  • ゲンシカイキによる大きな犠牲を「必要な犠牲」と割り切って考えている事
  • 流星の民の伝承など、自身しか知らない事を周囲にほぼ説明しない
  • ダイゴ達の理論等を否定した上で想像力が足りないよと言い放つ態度
  • パロディのような台詞の多さ
  • 最終的にヒガナが明確に謝罪の意思を見せたのは主人公に対してのみ

上記に挙げられた理由からか、エピソードデルタ及びヒガナへの評価は賛否両論である。

ヒガナに関する描写を「ゲーム中ではそう読み取れない想像」で語っている部分が多いのはシナリオの癖もあるのだろう。
今までのポケモンにあった「子供に語りかけるような口ぶり」ではない事も特徴である。
また、次回作への伏線ともとれるが、肝心な事を描写していない事は否定できない。

エピソードデルタ自体は1~3時間ほどで終わるシナリオであり、
そのシナリオにおけるヒガナの台詞回しはかなり癖が強い。
その一例がアニポケのサトシやシトロンの台詞のパロディである「キープだぜ!」やカロスのプラターヌ博士の「グッとだよ!」などのパロディ風台詞であろう。
このパロディ風台詞はポケモンだけでなく、「輪るピングドラム」や「魔法少女まどか☆マギカ」などの深夜アニメに登場する台詞を彷彿とさせるようなものもある。
近年のポケモンはストーリーやキャラクターの言動等で大人向けとも取れるようなテイストのものが増えていっているが、ポケモンというゲームはあくまで「子供向け」であるという意識を持つ人も当然多く、こうしたパロディ風の台詞や深夜アニメ・ラノベに出てくるようなテイストの台詞に対して反感を示すユーザーもいる。

パロディ抜きでも「ヒガナですよっと」「色々ごめんだったね」を初めとした軽い口調の台詞も多い。

また、エピソードデルタの序盤にて、主人公と初めて絡むイベントの直前・直後にお隣さんやミツルなどの善良なライバルに対する暴行・窃盗の行為という初対面から彼女の人間性に疑念を抱いてもおかしくない展開があり、細かい部分で好き嫌いが分かれるストーリーがヒガナの賛否両論の最大の所以と思われる。
ちなみにそらのはしらにてヒガナの発言した「色々ごめんだったね」もおそらく主人公のみに向けられたものである。

彼女の背負う宿命が語られる「そらのはしら」のイベントにおいても、飄々とした態度は変わらず、階段を登るたびに流星の民に伝わる伝承について話数分割した物語仕立てで語りだす事も賛否が分かれる。

伝承の内容をまとめると、
  • はるか昔の原始の頃、地上には自然のエネルギーがあふれており、ゲンシグラードンとゲンシカイオーガがそれを奪い合い争っていた。
  • 隕石が2回落ちてきて、1度目の隕石は流星の民の集落に直撃し、虹色に輝く隕石に導かれたレックウザによってゲンシの2匹の争いはおさめられ、レックウザは救いの神として祀られた。
  • その1000年後、2度目の隕石が落下。隕石は海をえぐり、そのとき出来た巨大なクレーターが後にルネシティとなった。
  • 隕石によってあふれたエネルギーを求め目覚めたゲンシグラードンとゲンシカイオーガの争いを諌めに来たレックウザが人々の祈りでメガシンカし、またしてもホウエンを救った。
  • レックウザによってゲンシポケモン2匹がおさめられる様子を見た背の高い異国の男は『世の揺らぎより生まれしもの。即ち△(デルタ)。人の祈りと石の絆にて世界に生まれし揺らぎを平らかにする』と言った。
  • 流星の民は七色の石を祀るため、そして天空にすむレックウザに近づくためそらのはしらを建造した。
  • 更なる巨大隕石が降って来る事を予言した流星の民達は、これまでの歴史から今一度レックウザを呼び寄せホウエンを救う計画を立てる。

という話なのだが、ORASのゲーム中に流星の民は「ヒガナ」と「ババさま」しか出て来ない事から、情報量が割と多い割には上手く信憑性を出し切れていないのもシナリオライターの癖なのかもしれない。
また、次元転送装置を破壊したり何の罪もないトレーナー達に暴行・窃盗を行った言い訳になっていない、という意見もある。


景山氏によると、レックウザと主人公が宇宙に飛び立つムービーで流れるBGMのタイトル「per aspera ad astra!」(困難を通じて天へ)は貫田氏が提案したらしい。


貫田将文氏との関連?

なお「貫田将文」で検索するとDSゲーム「無限航路」の他にelfで出していた「AVキング」という18禁ゲームのシナリオも描いていた人物である事が指摘されている。「俺の屍を越えてゆけ2」などを生み出した桝田省治氏との交友関係も匂わせている。
この「貫田将文」氏とポケモンの「ぬきた(貫田)まさふみ」氏の関連性は不明である。
またXbox用ゲーム「HappyWars」(2012年10月発売)に「Masafumi Nukita」の名前がある事から、2012年まではHappyWarsの開発元である株式会社トイロジックに所属していたのではないかという説も存在する。

代表作


関連タグ

ヒガナ エピソードデルタ
貫田将文

コメント