ピクシブ百科事典

ねこぢる

ねこぢる

日本の女性漫画家。1990年に『月刊漫画ガロ』でデビュー。同誌で「ねこぢるうどん」を連載し、人気を博す。夫は同じく漫画家の山野一。
目次[非表示]

概要

1967年1月19日生まれ。
埼玉県出身。本名は橋口千代美(旧姓は中山)。

18歳の時に押しかけ女房のような形で山野一と結婚。
1990年に『ガロ』で漫画家デビューする。

デビュー作は連作の元にもなった『ねこぢるうどん』という一話完結の作品であり、子猫がうどん屋で睾丸を切り取られて死ぬという凄まじい内容である。
ちなみにうどん屋はあんまり悪くない。

大抵の作品には姉弟の「にゃーこ」と「にゃっ太」が登場する。また作者自身も猫のキャラクターで描かれている。一話完結型や4コマ形式の作品が多く、基本的にかわいらしいデフォルメが為された絵柄だが、内容は障害者差別薬物殺人などをテーマにした異様としか言いようのないブラックさで最早狂気の域に達している。

しかしどこかノスタルジックで非常に人間臭い部分もあり、その日常感と狂気感から掲載誌の『ガロ』共々カルトなファンが多い。

漫画の内容は前述の通り突拍子も無い物が多いが、これは彼女自身のを元にしているらしく、『ねこぢるうどん3』には夢のメモが収録されている。

自殺

十六回忌


1998年5月10日に自宅で首吊り自殺。享年31。

直前の5月2日にはXJAPANのメンバーだったhideが同様の手段で逝去しており、一部マスコミで後追い自殺と報道されたが、夫・山野一の弁によると「彼女自身はAphexTwin等のテクノゴアトランスに傾倒しており、関連性は全くない」とコメントしている。

山野一との創作上の関係

ねこぢるは当初「山野一+ねこぢるし」の共同名義で活動しており、夫の山野一は彼女の原作ネームの制作からペン入れスクリーントーンの貼り付けといった作画アシスタント、更にはマネージャーとして渉外担当の役回りも務めた。これら作業には二人の間で極めて微妙な関係性があったため、外部のアシスタントを入れることが出来なかったという。このため山野一がねこぢるの「唯一無二の共同創作者」であった

ねこぢるの死後も山野一は「ねこぢるy」の名義を用いて創作を引き継いでいる。2013年には新作単行本『おばけアパート前編』を上梓した。

メディアミックス

彼女の死後、作品の一部はアニメ化されており、『ねこぢる劇場』として深夜枠に放送された事もある。他にも『ねこぢるうどん』の内容をもとに湯浅政明監督によって製作されたOVAねこぢる草』も存在する。

亡くなる一年前の1997年L'Arc~en~cielのシングル『the Fourth Avenue Cafe』のc/w作「D'Ark〜en〜Ciel」のイラストも手掛けていた(hydeがねこぢるのファンであった事から実現)が、当時のメンバーsakuraが覚せい剤使用で逮捕されたことにより発売が中止になった。CD2006年の全シングルのマキシ化による再販に伴い彼女の没後から8年、本来の発売予定日から9年の歳月を経てついに公の場に出ることとなった。

関連イラスト

にゃーこ
ねこぢる帰り道
ねこぢる2
おひるね



関連タグ

月刊漫画ガロ 山野一 ブラックジョーク 漫画におけるみんなのトラウマ一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ねこぢる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 406445

コメント