ピクシブ百科事典

ふしぎの木の実

ふしぎのきのみ

『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章』および『ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 時空の章』の2作品についてのタグ。“カプコンゼルダ”第1弾。
目次[非表示]

概要

ゲームボーイカラー専用で発売されたゼルダの伝説。もともとは力の章、勇気の章、知恵の章の3作品構成だったが、のちに力の章が大地の章へ、知恵の章が時空の章の2作品に変更された。

それぞれ独立したストーリーとなっているが、どちらかクリアした際に表示される「あいことば(パスワード。後述。)」を入力した状態で新規にスタートすると、後半のストーリーに変化が現れ、真のラスボスが登場する。
なお、ゼルダ姫はパスワードを入力しないと登場しないため、非常に影が薄い。

OPは二つの作品とも共通しており、電源を入れると流れるOPデモで、トライフォースを手にしたリンクが、その試練を受けるために2つの世界に飛ばされるというもの。

夢をみる島とゲームシステムやフィールド音楽が同じ。

大地の章

大地の巫女


ホロドラムという地を舞台に、大地の巫女ディンと出会ったリンクだったが、突如現れたゴルゴンと名乗る鎧を着た男にディンが連れ去られてしまう。彼女を助けるためにリンクは冒険に出る。
初代ゼルダの伝説のリメイク的な要素があり、「ミンナニ ハ ナイショダヨ」「ドア ノ シュウリダイ ヲ モラウゾ」といったおじいさんが居る他にダンジョンボスに初代のボスがいくつか復活している。

時空の章

【ラクガキ】ネールさん


ラブレンヌという地を舞台に、時空の巫女ネールと出会ったリンク。しかし、ネールはベランと名乗る闇の司祭に憑依され姿を消してしまう。彼女を追って過去のラブレンヌに行き着いたリンクが見たものは、ベランに憑依されたネールに操られ、民を苦しめる女王が統治するラブレンヌだった。
大地の章に比べると謎解き要素が強い他にテクニックを求められる場面が多い。

あと一人は?

ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 - スケッチ


ゼルダの伝説シリーズをプレイしているプレイヤーならピンと来るとは思うが、2作品に登場する巫女はそれぞれハイラルを創造した3柱の神のうち、力の女神ディンと知恵の女神ネールが元になっている。もう1柱は勇気の女神フロルだが、一応彼女も巫女として登場している。
が、彼女は物語に深くかかわることは少ない。
というのも、彼女は両作品に共通するマカの木と呼ばれる神木の中におり、パスワードを入力するときに会うことくらいしか出番がないのである。
もともとの3作品構成だった場合は、該当する勇気の章でヒロインを務めたのであろうが、2作品構成となってしまったためこのような扱いになってしまった。
ただし、パスワードを入力しないと真のエンディングにはたどり着けないようになっており、そういう意味では重要な役割を担っているといえる。

登場人物

  • リンク
    • 主人公。OPでトライフォースに触れて、その試練として2つの世界に飛ばされる。髪型が神々のトライフォースのリンクに近い。また、人物そのものとしても神トラのリンクとの関連性が伺える場面がある。(後述)左手には聖なる紋章の痣がある。


  • インパ
    • ゼルダ姫の乳母。ふくよかな容姿をした女性で、両作品でゼルダの命を受けてリンクのサポートを行う。

  • ゼルダ姫
    • ハイラル王国の王女。インパへリンクのサポートをするように命じていた。リンクシステムを使用したデータでないと登場しないため、非常に影が薄い。

  • メイプル
    • 両作品に登場する魔法使いのキャラクター。フィールド上で登場し、リンクとぶつかるとアイテムが散乱、アイテムの争奪戦が始まる。最初はに乗っているが、何度か遭遇しているとそのうち掃除機やUFOに乗ってくる。稀にハートのかけらを一つばらまく事があり、彼女と遭遇して獲得する必要がある。

  • ディン
    • 大地の章のヒロイン。ホロドラムの四季をつかさどる大地の巫女。物語序盤、リンクとダンスを踊っていたところをゴルゴンに攫われ、クリスタル(ルピー?)の中に閉じ込められてしまう。彼女の持っていた四季ロッドは切り株の上で使用すると四季を自由に変えられることが出来、それが謎解きやアクションに重要な役割を持つことになる。

  • ネール
    • 時空の章のヒロイン。時空をつかさどる巫女。時間を自由に移動できる能力があり、それを狙い、インパに憑依して結界を乗り越えていたベランに憑依されてしまい姿を消す。彼女が持っていた時の竪琴は時間を現在と過去に自由に行き来できるようになる。

  • ラルフ
    • 時空の章に登場するキャラクター。ネールの幼馴染で、リンクとは別にネールの救出に奔走する。人一倍ネールを心配しているせいなのか、いちいちネールの名を叫びながら去っていくのが特徴。実は彼にもひとつの秘密があり・・・。


エンディング後の描写について

ネタバレを含みます。ご注意ください。









真のエンディングを見ると最後にリンクが船で出航する様子が見れる。もともと時系列的には神々のトライフォースの後という位置づけであったため、神トラのリンクと同一人物であるとすれば、同様に神トラの続編で神トラのリンクと同一人物が主人公である夢をみる島のOP(海で航海中に雷に打たれて遭難)につながるのではないかという説があり、一定の支持を得ている模様。

なお、任天堂公式ガイドブック「ハイラル・ヒストリア ゼルダの伝説大全」のハイラル全史によると、この時系列は公式設定と発表された。

ちなみに、姫川明著のコミカライズ版では神々のトライフォースとは関係のない独立したストーリーとなっているため、船で出航するというエンディングは存在しない。

あいことば

この作品におけるシステムで、片方をクリアすると出現する「おもいでのあいことば」をもう片方を新規で(続きとして)始める際に入力すると、ゆびわ等のあいことばイベントが発生したり真のラストダンジョンが出現したりと完結編に変わる。
注意しないといけないのが、どちらか先にクリアした方の「おもいでのあいことば」で始めたものである必要がある。でないと「あいことば」が認証されない。
また、真エンディングを迎えた際も「おもいでのあいことば」は出てくるが、例として「大地の章」→「時空の章」→真END→「大地の章」の場合に、ファイルにトライフォースマークが付く。この状態でクリアすると「おもいでのあいことば」は出現しない。
真のエピローグが二つとも少し異なる部分がある為、両方とも見たい場合は少々面倒だが「大地の章」「時空の章」をそれぞれ新規でクリアして互いに「おもいでのあいことば」を出力してそれぞれで引き継ぐ必要がある。(例:「大地の章(新規)」→「時空の章」、「時空の章(新規)」→「大地の章」)

あれこれ

オリジナル版バーチャルコンソール
機種 ゲームボーイカラーニンテンドー3DS
ジャンル アクションアドベンチャー同左
発売日 2001年2月27日(火)2013年2月27日(水)
価格 各3,800円+税各600円(※1)
開発 カプコン
販売元 任天堂同左


※1 2月27日から3月20日までの期間限定で「今だけ1本500円、2本1,000円キャンペーン」と題して
両ソフト各500円で配信している

余談だが、この作品の発売日はある作品の発売5周年を迎えた日で、その作品が発売された1996年2月27日も火曜日だったりします。

バーチャルコンソール版

ニンテンドー3DSバーチャルコンソールでも配信されているのだが、このバーチャルコンソール版では仕様により指輪が全部揃わない。
何故ならば、ふしぎの木の実はゲームボーイカラーからゲームボーイアドバンスの移行期に発売され、ゲームボーイアドバンスで起動した場合でのみ入手できる指輪がある為である。このギミックはバーチャルコンソールでは用意されていないので、どうしてもバーチャルコンソール版で指輪を揃えたいならばどちらかをゲームボーイカラー版とゲームボーイカラー本体とゲームボーイアドバンス本体を用意してパスワードでの引き継ぎをしなければならない。
パスワード自体はそのまま使えるので過去に攻略していて手元にパスワードを記録したメモがあれば可能でもあるが。

カプコンとゼルダの伝説

かつてカプコン社内では時のオカリナがスタッフの間で流行していたらしく、その完成度に舌を巻いていたという。
その後、カプコン側からゼルダの伝説を作りたいという申し出があったようでふしぎの木の実に繋がったとも言われている。
大地の章ではダンジョンのギミックにロックマンの出現ブロック(周期的に出現と消滅を繰り返す足場ブロック)があったり、とあるボスがロックマンシリーズの「ガンマ」「アイアンゴーレム」の特徴と似ていたりする。

関連タグ

任天堂 カプコン ゼルダの伝説
神々のトライフォース 夢をみる島
リンク
ゲームボーイカラー

ツインローバ ガノン

pixivに投稿された作品 pixivで「ふしぎの木の実」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 227235

コメント