ピクシブ百科事典

ふぶき(わざ)

ふぶき

「ふぶき(ポケモン)」に同じ

ポケットモンスターシリーズのわざのひとつ

<
PP5
わざタイプこおり
ぶんるい特殊
威力120
命中率(初代)90(金銀以降)70
習得レベルアップ、わ14
備考第1世代は30%、第2世代以降は10%の確率で相手をこおり状態に。第4世代以降は天候があられだと確実にヒット、第3世代からは相手全体攻撃

解説

強い雪風を押し付けるとくしゅわざ。
赤緑などの第1世代では、命中すると30%の確率でこおり状態になる。
カンナ戦などではふぶきを使っているポケモンをプレイヤーのポケモンが氷付け状態になった後に、プレイヤー側の操作が不能になり、相手ポケモンがふぶきを無限連発して、そのプレイヤーの選んだポケモンを倒すまで続ける。通信対戦では、こおり状態のときにもコマンド選択可能だが、だいもんじなどのほのおわざで解凍するまでは、こおり状態は解除されない。 また、ふぶき以外の技でこおり状態になっても、アイテムを使っての回復ができるが、ふぶきというわざは野生戦・トレーナー戦などの全対象となり、確実に自然回復・アイテム回復は不可能。
第2・3世代は、こおり状態になってもターン経過で回復するようになった。また、命中90が70に、こおり状態の発生率が30%から10%に低下。
第4世代以降は天候があられのときに使うと確実にヒットする。
歴代のこおりタイプのわざの中ではだいもんじ、かみなり等、PP5回ぶんのわざの威力と同じく120である、また、こおりタイプのわざでは、アイスボール(まるくなる使用で最高威力300)、フリーズボルトなどの威力140の技3種で、この技は5番目の威力になっている。

関連

ポケモン こおり状態 こおりタイプ
わざマシン13 わざマシン15

人物にかかわるふぶきはふぶき

コメント