ピクシブ百科事典

ゆとり教育

ゆとりきょういく

1980年代〜2000年代の日本に導入された教育政策。知識偏重の従来の教育から、意欲と自主性を重視した教育への転換を狙ったものであった。

第二次中曽根康弘内閣以降の日本で、知識偏重の詰め込み教育の反省から導入された教育法。授業時数を減らし、授業の内容を減らすなどして自主性を尊重する目的があった。

しかし、ゆとり教育の目標であった生徒の自主性を尊重した教育は一般の公立学校の教師の力量では困難であった。土台となる基礎的知識の少ない児童生徒に対して、「自由に創造しなさい」と指導しても、ごく一握りの上位層を除く普通の子供たちには、やるべき事が見いだせないのである。

結果的には成績上位層と下位層の格差が広がり、地域によっては私立中への進学率が半数を超える等公立教育への不信が広がった。第1次安倍晋三内閣以降の公教育は、ゆとり教育への反省から正反対の詰め込み教育に進んでいる。

こういった教育を受けた世代をゆとり世代というが、ゆとり教育は1980年代から2000年代にかけて徐々に段階的に導入されたものであるため、ゆとり教育を受けた年代を一意的に定義はできない。

こうした背景からネット上ではこれを皮肉り、考えの足りない、あるいは迷惑な若者を罵倒する台詞として「ゆとり」が使われるようになっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆとり教育」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18548

コメント