ピクシブ百科事典

アイアンパトリオット

しゃちょうのにせもの

アイアンパトリオットはMARVEL COMICのキャラクターである。星条旗カラーのアイアンマンスーツだが、中の人は…その後、実写版『アイアンマン3』にもまさかの登場を果たした。
目次[非表示]

コミック版と実写映画版『アイアンマン3』では設定が異なるため、ここではそれぞれ分割して解説する。

原作におけるアイアンパトリオット

正体:ノーマン・オズボーン

スパイダーマンの宿敵の1人、グリーンゴブリンその人。幾度と無くヒーロー達と対戦し、近年になって正体が世間に知られてしまったが、地球侵略を企むスクラル人との戦い:「シークレット・インヴェンション」事件でこともあろうか英雄となってしまった(スクラル人の女王をぶっ殺した為)。

一方、スクラル人との戦いにより失脚したトニー・スタークアイアンマン)から、アイアンマンの装備を奪い取り、大統領令によって解体された「S.H.I.E.L.D.」を再編させた「H.A.M.M.E.R.」長官に就く。
その後有力ヴィランに呼びかけ、秘密結社を結成。更に他の悪人を集め実際のヒーロー達になり替わり「ダークアベンジャーズ」を結成し、自らアイアンパトリオットとなって活動。表向きはヒーローを装いながらアメリカを手中に収めるべく様々な陰謀を巡らしている。

しかし、その後…

アイアンマンとパキスタンで直接対決し、トニーのマーク0アーマーに手こずるも、ボコボコにしてトドメを刺そうとするが、その光景は世界に生中継されていた。結果、己の凶暴性を世間に露呈してしまう。
おまけに、アイアンマンが安楽死の権利をドナルド・ブレイク(ソーの地上での姿)医師に委ねたために現在の自身の立場上、合法的に殺す事が出来なくなってしまった。
「シージ」展開でオクラホマに出現したアズガルドをダークアベンジャーズ及び「H.A.M.M.E.R.」を率いて進撃するも、ヒーロー達の反撃に遭い敗北。逮捕・収監された。

映画『アイアンマン3』に登場するアイアンパトリオット

マンダリンによる犯行予告後に誕生した政府公認のヒーロー。

その正体はトニーの親友である軍人:ジェームズ・ローズ。
前作にて泥棒……もといいただいたスーツを改造して「ウォーマシン」と襲名したものはマーク2へと戻され、返還されているため、新規製造された「ウォーマシンマーク2」が原型となっている。
ウォーマシンマーク2はマーク22ホットロッドこと試作型ウォーマシンマーク2が原型となっており、同性能でありながら軽量化されている。
敵組織A.I.M.がウォーマシンマーク2を星条旗カラーにチェンジしたものだが、塗装と武装が異なる以外に内部のプログラムにも改良が加えられている。

劇中ではA.I.M.によって奪われ、大統領暗殺に利用されそうになるが、最終的にはトニーとジェームズの手によって奪還され、大統領も無事救出された。

アニメ『アルティメット・スパイダーマン』に登場するアイアンパトリオット

シーズン4『vsシニスターシックス』で登場。
着用者は原作通りノーマン・オズボーン。
シーズン2~3ではグリーン・ゴブリンとして暴れていたノーマンだったが、結果的にグリーン・ゴブリンとしての力を失い、普通の人間に戻っていた。
息子ハリーが危機に陥った時、ノーマンはアイアンパトリオットスーツを着てヒーローとして戦うのである。

原作ではヴィランだったアイアンパトリオットが、着用者はそのままにヒーローとして登場した訳で、原作を知る視聴者にとっては胸熱な展開と言えるだろう。

関連タグ

MARVEL ダークアベンジャーズ アイアンマン アイアン・パトリオット(表記揺れ)

pixivに投稿された作品 pixivで「アイアンパトリオット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32040

コメント