ピクシブ百科事典

アオギリ

あおぎり

ポケットモンスターシリーズに出てくるアクア団のリーダー。
目次[非表示]

概要

RSE

【腐向け混在】リーダーまとめ5


アクア団のリーダー。カイオーガを利用し、海を増やす目的を持っている。海を増やし新たな生命を生む土壌を作る、という思想の基に活動している。
名前の由来はアオイ科アオギリ属の落葉高木「アオギリ」からと思われる。

最終的に、おくりびやまから奪った珠の力でカイオーガを目覚めさせる事に成功するも、その直後にカイオーガの力で世界中に大雨が降り注ぐ異常気象を目の当たりにし、自然のバランスをむやみに変えてはならないと悟り、珠をおくりびやまに返して行方をくらませた。

『ルビー』ではマツブサの暴走を食い止めるためアクア団を率い、主人公に協力を申し出る。

アニメ版の声優は相沢まさき。(相沢氏は後にゲーチスも担当している。)

ORAS

アオギリのアニィ


「つみのない ポケモンたちが
くるしむ せかい……
そんなモン ゆるされる ワケが ねえ!」
RSEと比べ肌は日焼けをしており、ビルドアップを使ったかのようなマッシブな体型に変化している。はっきり言ってとってもムキムキである。
髭が増量しているなど大きくデザインが異なっており、全体的に海賊を思わせるような風貌へ変化した。顔には傷、もしくはフェイスペイントと思われるものがあるが、設定資料によるとこれは顔の深い彫りによる陰らしい。

新たに豪快で実直な性格へ変化しており、かつてウシオを救けたことがあるなど、人間味にあふれるその姿は、冷徹で神経質な性格に変化したマツブサやポケスペ版の彼とは対照的である。

その性格故に団員からは非常に慕われ、ポケモンからも厚く信頼されているのだが、
「ポケモンの理想郷を作るためなら、自分やアクア団がどうなっても構わない」
という危険なレベルに達してしまっており、それに疑問を抱かずに彼を止めてくれる者が(たった一人を除いて)居ないと言う危うい状況に陥ってるのは、なんとも皮肉である。

あるポケモンに関する悲しい過去を抱いていると思わしき描写があり、優しすぎたが故に暴走してしまった、とも言える。

なお、外見に反して、実際の年齢がまだ30歳に達していない可能性が高い。

また、キーストーンをはめこんだメガイカリをネックレスの様に首にぶら下げている。

Pixivではガチホモ作品が多く見られる。

クア団のリーダーだからか、プレイ開始時に選択できる7言語では、イタリア語を除いていずれも名前が「A」で始まる。
日本語:Aogiri
英語:Archie
フランス語:Arthur
ドイツ語:Adrian
スペイン語:Aquiles
韓国語:Agang
※イタリア語では、団名が「Team Idro」となっているためか、「Ivan」というIで始まる名前になっている。その代わりなのか、イズミとウシオの名前がそれぞれ「Ada」「Alan」と、Aで始まる名前になっている。

手持ちポケモン

アクア団が使用するポケモンの最終進化系を使用する。
サファイア・エメラルド


アルファサファイア

また彼やマツブサの戦闘BGMには、RSEだと下っ端や幹部がリーダーを褒めたたえているであろう手拍子と思われる音が一部存在したが、ORASではそれが消滅している。なおイントロ部分はORASでもGBA音源になっていたりする。
これらの他に、ゲンシグラードンとゲンシカイオーガの戦闘曲もGBA音源が投入されていたりする。

海外で制作されたショートアニメ『ポケモンジェネレーションズ』の第8話に登場。声優はオリジンサカキを演じた小山力也氏。
イズミの説得を聞き入れず、カイオーガを復活させるところは原作と共通だが、その後の規模が凄まじく、カイオーガに命令するもウシオ除くメンバーと共に母線ごと攻撃に巻き込まれる。

ポケスペでのアオギリ

(リンク先ネタバレ注意!)

関連イラスト

アオギリ
水も滴る



関連タグ

イズミ ウシオ アクア団

pixivに投稿された作品 pixivで「アオギリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4287267

コメント