ピクシブ百科事典

アクア・ジム

あくあじむ

アクア・ジムとは、メカニックデザイン企画『M-MSV』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

型式番号RAG-79。
地球連邦軍がジオン軍の水陸両用モビルスーツに対抗するために開発したジムタイプの水中用バリエーション機。
ランドセル部分と肩部に水中用のハイドロジェットを装備し、それに合わせて各種武装も変更されている。
連邦軍初の水陸両用MSではあるが、短期間で開発を行ったため、性能に問題の多い機体となってしまっっている。
しかし、水中活動の要である肩部ユニットは他の連邦系モビルスーツにも転用可能であるなど、ジオン系の水陸両用機と比較してパーツの互換性が高い。

後に改良型の水中型ガンダムも開発されたが生産数は少数に止まり、戦後はジオンから接収したザク・マリンタイプを運用の基礎とするようになっていった。
しかし、その後も一部機体は配備が続けられ、第二次ネオ・ジオン抗争後は連邦上層部がジオン系モビルスーツを排除する傾向を強めた結果、老朽機ながらも後継機が開発されないまま運用が続けられ、純連邦系水陸両用機の新規開発はF90Mの登場まで行われなかったとされている(この点については海洋戦力を重視していない連邦軍の用兵思想を垣間見る事が出来る)。


バリエーション

水中型ガンダム

アクア・ジムの改良型。
アクア・ジムをエースパイロット用に再設計し、チューニングを施した機体。
詳細は水中型ガンダムを参照。

ジム・スループ

MSV-Rに登場するアクア・ジムの姉妹機。
通常型のジムの背面にバラストタンクと水流エンジンを搭載したバックパックを装着する形で開発された。
両脚部に補助のバラストタンクを装着し、機体の一部に耐圧加工を施した以外はノーマルタイプのジムと変わらない。
しかし、ソナーを搭載するスペースを確保出来なかった為、手持ち式の小型ソナー「ソナーガン」を装備する事で水中での策敵能力を確保している。

0079年11月末に少数が制式採用されたが、戦果については就役期間の短さもあって不明な点が多い。終戦と同時に殆どの機体がベース機であるジムと同仕様に改装され、2機が水陸両用MS開発のテストベット機として残されたが、その2機も後に解体されたとされている。

関連項目

M-MSV 機動戦士ガンダムUC
水中型ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「アクア・ジム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4465

コメント