ピクシブ百科事典

アクゼリュス崩落

あくぜりゅすほうらく

アクゼリュス崩落とはゲーム『テイルズオブジアビス』のイベントの一つであり、本作屈指のトラウマイベントである。
目次[非表示]

俺は悪くねえ!!

内容

主人公ルークと仲間達は瘴気が充満して危機に陥っている鉱山都市アクゼリュスを救うために親善大使として訪れる。そこでルークは師匠ヴァンと再会し、彼の言うとおりに瘴気を中和するため、超振動を発動させる。

だが、ヴァンの言うことは全て嘘だった。超振動で瘴気を中和などできるわけがなく、アクゼリュスを消滅させることこそが彼の目的だった。これによってルークはアクゼリュスを支える柱を破壊させてしまい、知らずの内に万の人命を奪ってしまう。

何が起こったのかわからないルークはティアから自分がしてしまったことの意味を説明される。だが彼は『俺が悪いのか?』『みんな何も教えてくれなかった』『師匠が悪いんだ、俺は悪くない』と現実を受け入れることができず言い訳ばかりをしてしまう。これによりルークは仲間達に幻滅され孤立。さらには直後アッシュに自分が複写人間(レプリカ)であることを知らされてしまい絶望のどん底に突き落とされる。

このイベントはそれまでプレイヤーにも優しい印象を与えていたヴァンの本性、ルークの正体、主人公が仲間達に見放されてしまうという冷たい展開など、様々な事実が明らかになると同時にいろいろな意味でプレイヤーに衝撃を与えトラウマを植えつけられた。

これでゲームを投げた人も少なくないが、逆にルークに感情移入してガイとイオン以外の仲間たちを嫌うようになった人もかなり多い(アクゼリュス崩落に関してはルークに対する仲間たちの対応ミスも原因であるため。その中でもアニスはある理由から、ほとんどのプレイヤーから深く根強く恨まれることとなった)。このイベントはスタッフの間でも全体的に評判が悪かったが、皮肉にもそれが「このイベントがあればプレイヤーはルークに感情移入できる」という判断に繋がり、変更無しで通った、という素直に喜べない経緯がある。更に皮肉を言ってしまえば、この事件がなければルークは全く成長できなかったとも言える。

しかし、この事件の真犯人はルークを言葉巧みに操り、超振動によってアクゼリュスを崩落させるよう暗示をかけたヴァンであり、ルークにはアクゼリュスを崩落させ、人命を奪う意思は一切なく、ヴァンにその人生を狂わされた被害者だという事を忘れてはならない。

なお、ルークが言い訳する際に放った『俺は悪くねえ!俺は悪くねえ!!』という台詞は有名。


補足(崩落~断髪までのネタバレを含むため閲覧注意)


それぞれがルークの傍を離れた理由
これはルークの断髪直後やサブイベントを起こさないと分からない人も一部いる。
大事なことなので先に言っておくが、ルーク以外の皆も『アクゼリュス崩落には自分達にも責任がある』と感じており、単にルークがアクゼリュスを崩落させたから離れたわけではない。


旅の途中でのルークのいい面を見て心の底では見直しつつあったが、ルークの親善大使就任後からの横柄な態度に呆れ、更にアクゼリュス崩落の責任を一人だけ逃れようとしていたため。
ルーク断髪後、変わっていきたいという彼を見守ることを決意。

ルークが親善大使就任した後は、(ルークがヴァン先生との約束を優先して)ルークのことを良くしてくれていたイオンにも辛く当たるようになったため。
また、アクゼリュス崩落時の無責任な言動(俺は悪くねぇ!)に呆れたから。

親善大使就任後のルークの言動に危機感を薄々抱いていた(ルークが孤立し始めていたため)。
アクゼリュス崩落後、ルークが一人だけ責任を逃れようとしていたことに幻滅しつつも完全に見放したわけではない。
むしろルークなら立ち直れると信じ、今のルークには考える時間が必要だと感じ、あえて傍を離れた。
そのため、ワイヨン鏡窟へ向かう際、パーティーから離れ、アラミス湧水洞でルークを待っていた。
ちなみにルークの性格は自分達が育ててこうなってしまった事に責任を感じ、ルークの幼なじみのナタリアにもそのことを話す。

理由がメインイベント中ではなくサブイベントで判明するため、一番誤解を受けやすい人。
ルークを見放した理由は、『アクゼリュスを崩落させたからではなく(ジェイド自身も含めて)あの場にいる人達全員に責任があったにも関わらず、一人だけ責任から逃れようとして思考停止した』ため。このことは「譜眼」というサブイベントをこなさないと判明しない。
ちなみに自身の「確信を持てないことは話せない性格」についても悪い部分だと感じており、この性格のせいでより事態がややこしい方向や物事が大きくなってしまうまで具体的に言えないことについて悔やんでいる。(これもサブイベントを見ないと分からない)

チーグルの森からルークのことを本当は優しい人だけど不器用で素直に振る舞えないと見抜いていた。
今回のアクゼリュスのことについては、自身がヴァンの企みに気付かずに、更にヴァンに唆されたルークに説得されて安易に封印を解いたことを反省している。
そのため、タルタロスの甲板でハートフルボッコなルークを慰めようとするも、ルークを見放したアニスに連れられて中に入ってしまう。


…とこのようにメンバーそれぞれ思うところ(一部を除いて)があり、ルークから離れた。


崩落後

ルークと別れたパーティーメンバーはしばらくアッシュの行動に付き合うが、用件が済むと別れる。
その後、ルークはアッシュを通して世界の状況や自分が犯したことの重大さを知り、変わること決意した。

今までとさよなら



すぐには信じなくてもいい、でも変わるから見守って欲しいことをティアに伝え、二人はユリアシティを去った。
そして他のパーティーメンバーとも合流し、自分で考えて行動を開始した。

最初はやはり冷たい態度を取るメンバーもいたが、ルークの本気で変わりたいという気持ちや行動を見ていくうちに再び信頼し始める。

関連項目

テイルズオブジアビス
ルーク・フォン・ファブレ ティア・グランツ 鮮血のアッシュ ヴァン・グランツ
みんなのトラウマ 俺は悪くねぇ!

pixivに投稿された作品 pixivで「アクゼリュス崩落」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27815

コメント