ピクシブ百科事典

アグナコトル

あぐなことる

火山に生息しているのに「海竜種」なモンスター。
目次[非表示]

アグナコトルとは「モンスターハンター」シリーズに登場するモンスターの一種である。

概要

陸上で生活しているが海竜種に分類されている。
初出は原種が『モンスターハンター3(トライ)』(MH3)、
亜種が『モンスターハンターポータブル 3rd』(MHP3)。
通称は原種が「炎戈竜」(えんかりゅう)、亜種が「凍戈竜」(とうかりゅう)。
名前の由来は火の神「アグニ」とナワトル語で蛇を意味する「コアトル」から。

幼体はウロコトルと呼ばれ死体などを食べる腐肉食生物である。成長するに従い、リノプロスなどのモンスターを捕食するようになる。

特徴

原種

火山に生息、ヴォルガノスの後輩に当たるモンスターだが、
ヴォルガノスとは異なり溶岩の中だけでなく陸上はもちろん天井すらも泳ぐことができる。
更に攻撃力素早さともに高く非常に手ごわい。
体の表面に溶岩を纏っており、出現直後は肉質が軟らかいが時間の経過と共に溶岩が冷えて固まり非常に肉質が硬くなる。
地面に潜ると再び肉質が軟らかくなるが、それ以外にも火属性の攻撃を当てることで強制的に軟らかくすることもできる。
また、グラビモスのように熱線を吐いたりもする。この熱線はグラビモスと違い水平になぎ払ったりはしないので撃たれてからでも避けようはあるのだが、
剣のようにぐるぐると振り回す事があり油断は禁物である。

テーマ曲「大山、鳴動す」は火山の戦闘汎用BGMとして使われている。情熱のダンスをイメージした曲で、この曲を聴くとアグナコトルの嘴をカタカタさせる音を連想するプレイヤーも多いだろう。

MH3Gではブラキディオスの生態ムービーにてブラキディオスと激突。

序盤こそマグマ飛ばしや地中からの強襲巻きつきでブラキを苦しめるが、手痛い反撃と粘菌爆発によりK.Oされてしまう。そして怒り状態になったブラキのパンチで止めを刺されてしまった(「頭部を粉砕された」と勘違いしている人が多いが、実際に殴っているのは頸椎の辺りであり、ややわかりづらいものの、映像をよく見ると爆破された直後、アングルが変わった所で頭がしっかり映っているのを確認できる)。
「アグニャン」などのあだ名で慣れ親しまれてきたモンスターなだけに、あっけなく敗北してしまう姿を嘆く声がよく聞かれる。
どうやら火山に生息し、口から熱線を吐く大型モンスターは噛ませ犬として採用されやすい傾向があるようだ。実際にブラキディオスの装備でアグナコトルと戦うと非常に立ち回りやすい。

MH4およびMH4Gでは惜しくも参戦を逃したが、最新作MHXで久々に登場する模様。
今回は地底火山に姿を見せるようだ。

亜種

極寒!アグナコトル亜種


MHP3で初登場した亜種。詳細はリンク先を参照。



関連タグ

モンスターハンター ヴォルガノス ヴァルバジア

海竜種仲間

ロアルドロス チャナガブル ラギアクルス ハプルボッカ クアルセプス

pixivに投稿された作品 pixivで「アグナコトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332287

コメント