ピクシブ百科事典

アシュトン・アンカース

あしゅとんあんかーす

アシュトン・アンカースは、『スターオーシャン セカンドストーリー』及び、その続編である『スターオーシャンブルースフィア』の登場人物。
目次[非表示]

概要

プロフィール

年齢20歳
誕生日9月28日
身長180cm
体重80kg(双頭龍含む)
出身惑星エクスペル
種族エクスペル
好物ハンバーグ
CV阪口大助(PS) / 石田彰(PSP) / 関智一(TVアニメ)


双剣を使う紋章剣士。他のゲームで言う所の魔法剣士であり、紋章術と剣技を組み合わせた技を持つ。
不運にも魔物龍に取り憑かれてしまい、パラメーターもLUC(運)の値がとても低い。
好みのタイプは巫女さんだが、本編中はプリシスとのイベントが多く、初期愛情も高い。
エクスペル出身だが一人出身の町などが明らかになっておらず、これは容量の関係で削られてしまったという裏話がある。
SO2における二者択一キャラの一人。
彼を仲間にするとオペラエルネストが仲間にならない。
また、樽についての造詣が深い変わり者。

漫画やアニメではプリシスに片思いしている。
プリシスもアシュトンが嫌いな訳ではないのだが、金髪美形のクロードの方を気にしている。

なかなか腕の立つ剣士であり、ゲーム版では戦闘中は勇ましく戦う。
しかし一方で戦闘終了後には勝っても大抵「危なかった~」「良かったぁ~」などとヘタれる。
また、戦闘時以外では押しが弱く周りに翻弄されてヘタれるシーンが多い。
通常攻撃はやや射程が短めであるが非常に発生が早く、威力も申し分なしと強力で、反面必殺技は発生が遅く隙だらけになるものが多い(そうでないものや、その隙をカバーするメリットのある技もある)ためディアスとは真逆といったところ。
実際PS版においてはその通常攻撃の性能の高さととあるアクセサリやアイテムの組み合わせで作中最強キャラ言われたが、PSPにおいては全キャラの通常攻撃の発生が同じになったため利点が激減、最弱キャラと言われるまでになった。

レナ編でのみセリーヌと同様特別EDが用意されている。
発生フラグのイベントのタイミングがちょっとシビアなので事前情報がないと達成しにくい。

漫画版では勇ましさとヘタれさがどちらも強調してキャラ付けされており、漫画オリジナルの展開として武具大会に出場・準決勝まで独力で勝ち上がったり、クロード不在時に仲間を守るために漫画版ラスボスであるシンに立ち向かったりと勇ましい一方、守るべき者がないところでは劣勢になるとヘタレたりと推しの弱さも健在である。
ちなみにガンガン本誌で行われたキャラクター人気投票では見事第1位の座に輝いている。

アニメ版ではヘタレな面が強調され、龍に意識を乗っ取られている時でなければほとんどまともに戦えない。
武具大会も出場したものの一回戦負けという惨状である。
代わりにギャグシーンが増え、樽マニアっぷりが大きく押し出されている。

隠しダンジョンで制作会社名と同じ「トライエース」という技を覚える。
魔法のように発動まで時間が掛かるものの、全体攻撃が出来る強力な技である。
凛々しく「すべての敵を滅せよ!」という台詞と共に敵を薙ぎ払うその様はまさに「光の剣」。
・・・・・・あれ、光の勇者ってこっちじゃね?

エニックスから発行されていた4コマやショートコミックでは作者達(主に藤凪かおる女史)がこぞって料理当番として書いた為、おさんどんのイメージがある人も多いのではないだろうか。
その結果、ブルースフィアで料理に目覚めたのだろうか…。

なお、某攻略本では「薄幸なごつい名前の女の子」と誤植された事もある。

ギョロとウルルン

アシュトンが双頭龍退治をしていた所、何故かその魔物が取り憑いてしまう。
以後、アシュトンは赤い龍と青い龍を背負うことになってしまう。
一度は祓い落とそうとしたものの、そうすると背中から居なくなる代わりに龍が死んでしまうため、二匹に愛着を持ってしまった彼にはできなかった。
レナによって、赤い龍に「ギョロ」、青い龍に「ウルルン」と名付けられる。
戦闘中にはギョロが炎、ウルルンは氷のブレスで援護してくれるなど、なかなか頼もしい存在。
漫画版とそれを原作にしたアニメ版では、ちょっと怖めのギョロが冷静で慎重な性格、目がウルっとしていて可愛い感じのウルルンの方が派手な戦い方を好む過激で好戦的な性格だった。

スターオーシャンブルースフィア

十賢者事件から2年後、ギョロとウルルンと共生を楽しむが、一般人への影響を考慮し、一人リンガの山奥で暮らしていた。
プリシス達が地球へ行ってしまったことで寂しさのあまり寝込んでいたようだが立ち直り、現在は剣の修行に打ち込んでいる。この修行という点ではディアスと話が合うらしい。
全体的に戦闘よりの万能タイプで最初から最後まで使えるキャラで、途中のダンジョンでは彼の(というよりもギョロの)協力が必須なためストーリーで唯一絶対参加することになる。
また前回の冒険の後から料理に目覚めたようで、初期ステータスに「包丁」のスキルがあるため料理担当になることが多い。
ブルースフィアにおいては過去の冒険でプリシスと恋仲になっていたようで、彼女ととあるプライベートイベントがある。

ロードオブヴァーミリオン アリーナ

背中の竜が取り付いたまんまなので所属は「魔種」。担当声優はPSP版と同様石田彰氏。
…だからって「樽はいいよね……エクスペルの生み出した文化の極みだよ」と公式でのキャラ紹介で書いてるのはちょっとまずい気がする。

関連イラスト

20歳の不幸青年
祝!スターオーシャンセカンド


【SO2】 アシュトン
不幸な男と双子竜



関連タグ

スターオーシャン スターオーシャンセカンドストーリー
スターオーシャン2 SO2
アシュトン ギョロ ウルルン
プリシス プリシス・F・ノイマン

pixivに投稿された作品 pixivで「アシュトン・アンカース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26542

コメント