ピクシブ百科事典

アシュラテンプル

あしゅらてんぷる

アシュラテンプルとは、TVアニメ重戦機エルガイムまたはファイブスター物語に登場する人型戦闘メカ。
目次[非表示]

重戦機エルガイムのアシュラテンプル

劇中登場するものは過去に8機製造されたレプリカの損傷、破棄された物をサルベージし、
継ぎ接ぎして修復された機体で、4機が現在稼動中とされている。
フレームはL型で、大出力・大火力の機体である。
両肩に副腕と、盾にパワーランチャーを接続したサーカス・バインダを備え、
四基のPランチャーを同時発射できバスターランチャーも二連射が可能なほど出力は高い。
また、対レーザーコートを無効化する為、バリアに反応する兵器エネルギーボンバーや
実弾兵器リバースボマーという特殊な武装も持っている。
失われたとされるオリジナルは聖戦時に活躍したブラッドテンプル25番機を改修したもの。

活躍

ポセイダル軍13人衆ギャブレット・ギャブレーバーン・ガニア・キラーズが使用した。
恐ろしいことにギャブレーはこの希少な機体を囮作戦に使い自爆させてしまった。
劇中ではバルブドアトールバッシュにくらべてギャブレー機としての存在感は薄いかもしれない。

余談

デザインが複雑なためか、プラモデルでは肘がほとんど曲げられない

装備

バスターランチャー
パワーランチャー(最大二門)
左右副腕(肩部後方)
左右副腕部サーカスバインダー
バインダー部パワーランチャー
セイバー
ランサー
肩部エネルギーボンバー
腰部エネルギーボンバー
胸部リバースボマー(加熱金属球)

ファイブスター物語のアシュラテンプル

カステポーの殺し屋


メヨーヨ朝廷の主力騎で、ダイヤモンド=ニューの設計したテンプルシリーズの一騎。
プロトタイプと一部量産機(量産機はオプション)は肩に隠し腕ドラゴントゥースを持つ。

活躍

カステポーにおける壊し屋として初登場。プロトタイプの機体がイラー・ザ・ビショップによって使用され、
次々と強引にMHに戦いを挑み撃破してしまう。人質でアイシャ・コーダンテを追い詰めるも
無法極まる辻斬り行為に激怒したミューズ・バン・レイバック破烈の人形により破壊された。
…その後魔導大戦ではついに量産機が登場、サイレンと激しい戦いを繰り広げた。

2013年の設定大改変以降は重GTMホウライに差し替えられた。

余談

脚部は逆襲のシャアナイチンゲール(ブチ版とは別物)の脚のデザインと同じものらしい。

装備

実斧
スパイド
ベイル
ドラゴン・トゥース

pixivに投稿された作品 pixivで「アシュラテンプル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22190

コメント