ピクシブ百科事典

アシュリー・グラハム

だいとうりょうのむすめにしてはおっぱいがでかいな

『バイオハザード4』の登場キャラクター。
目次[非表示]

※タグは「アシュリー」使用が大半

概要

声:キャロリン・ローレンス
アメリカ合衆国大統領グラハムの娘。20歳(2004年当時)。

性格は天真爛漫だが、少し我侭無鉄砲な面もある。
マサチューセッツ州にある大学へ通う学生だったが、ある日の帰宅途中、
ジャック・クラウザー率いるロス・イルミナドス教の集団によって拉致されてしまう。
その後ヨーロッパの山奥での目撃情報から、
レオン・S・ケネディが現地へ派遣される事となる。

ロス・イルミナドス教によってプラーガに寄生させられ、村落の教会に拉致されていたが、レオンに救助される。
しかし、ロス・イルミナドス教からも重要視されているため、再び拉致されてはレオンに救助されることを繰り返す羽目になる。
レオンより先にプラーガに寄生されたために症状の進行が彼より早く、一時はオズムンド・サドラーに操られてしまうほど悪化してしまう。

リクエスト【赤目アシュリー】


しかし、最後はレオンと共に体内のプラーガを除去し、ようやく脱出に成功した。

明るくも我侭で勝気なところがあるが、レオンの指示でゴミ箱に隠れることも辞さないことから、臨機応変に事態を見極める能力もあり、柔軟性もある模様。

かなり活動的で、危機に直面しても自力で突破口を探して幾度かレオンの危機を救い、彼と共に困難を乗り越えていく。
また教団からレオンに警護されつつ脱出する内に、常に身を挺して自分を守ってくれる彼に対し、次第に女性として惹かれていくようになる。そのため、後にレオンとオズムンド・サドラーの戦闘中に目撃したエイダ・ウォンについては、脱出後に「あの女の人は誰?」とレオンを問い詰めている。

ちなみに容姿は童顔だが、抜群のプロポーションを誇る。それゆえ男性陣からセクハラめいた言葉をかけられることも。(ルイス・セラ曰く「なるほど、大統領は娘の胸に核ミサイルを配備してるのか(初対面時。直訳気味)」レオン曰く「君の尻なら大丈夫だ(ダストシュートから飛び降りた直後)」)。

アシュリー・グラハム@バイオハザード4◇◇
アシュリー



余談

PS2版以降に追加された隠しコスチュームは西洋風の甲冑であり、あらゆる攻撃を防ぐ(レオンからの銃撃も防ぐ)無敵ぶりを誇る。トラックに轢かれようがロケットランチャーをど真ん中にぶち込まれようが無傷なのだ。
(挙句の果てに、連れて行こうとする敵も転ぶ程の重さである)
また、一部のレオンが受け止めるシーンでレオンの挙動が変わる他、隠し武器の「シカゴタイプライター」のマガジンが変化するというオマケもある。

関連イラスト

アシュリーたん
アシュリー



関連タグ

アシュリー バイオハザード バイオハザード4
レオン・S・ケネディ ジャック・クラウザー オズムンド・サドラー
エイダ・ウォン プラーガ ロス・イルミナドス教

pixivに投稿された作品 pixivで「アシュリー・グラハム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1126653

コメント