ピクシブ百科事典

アノマロカリス・ドーパント

あのまろかりすどーぱんと

アノマロカリス・ドーパントとは、仮面ライダーW第5-6話と最終回に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「家族揃ってあの世で再会しろ!」

概要

何者かがガイアメモリ製造工場で作ったアノマロカリスメモリを左の掌に挿して変身したドーパント風都第2タワー建設を妨害するため暗躍した。
水陸両用ではあるが、水中ではその実力を発揮する事が可能である。
水中を自在に移動でき、歯を弾丸にして口から発射する能力を持つ。
第5話で2体出現し、1体目は逃走用の黒煙を吐く能力を持っていた。1体目が倒された後出現した2体目はより水中戦に特化した巨大化形態に変身できる。
最終回でも登場したが、2体目ほどメモリを使いこなせてはいなかった。
メモリが複数存在し、計3体登場した。
ちなみに最初に登場した1体目は本来は破棄される筈の実験のメモリで変身した囮であるため、巨大化は出来ない模様。

外見

水色のアノマロカリスに人の手足を付けたデザイン。丸い眼が何気に可愛らしい。
巨大化するとアノマロカリスその物の体型になる。

備考

事件後、証拠隠滅のために園咲冴子は工場を爆破したが、工場の位置に建つ予定だった第2風都タワーの建設が無期延期になったため、爆破仕損になってしまった。

Wまんが3



関連タグ

仮面ライダーW ドーパント

pixivに投稿された作品 pixivで「アノマロカリス・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4738

コメント