ピクシブ百科事典

アフガン航空相撲

あふがんこうくうずもう

中東に伝わる、空中戦を主体とした格闘技

アフガン航空相撲とは


11世紀ゴール朝の頃、時の国王の命により
アフガニスタン各地より集められた武術、格闘技に精通した者を中心に
編成された近衛兵の間での力比べが起源と言われる。
最初は地面の上だけでの競技であったが、時を経て高いところからの攻撃や
空中に飛び上がっての闘い等時を経る毎に技が高度化し
現在のアフガン航空相撲の形地が完成した。
後の元による侵攻の際もアフガン航空相撲力士は圧倒的多数を誇る元軍の攻撃を
得意の航空技により簡単に粉砕したと伝えられる。
その際元軍が航空相撲を研究し、アフガンに対抗するためにモンゴル式相撲を
完成させたが、空中戦ができなかったため実戦に使用されなかったということは
あまりよく知られていない。

民明書房 『フビライ怒りのモンゴル相撲』より」

概要(本当の)

2002年2月14日、アフガニスタンで、アブドゥール・ラフマン航空観光(大臣)が、メッカ巡礼のため搭乗する予定だったフライトが何便も欠航したことに激怒し、暴徒化した巡礼者たちに取り囲まれて殴り殺されるという事件が発生した。
この事件を取り上げた翌日付の新聞の見出しが「アフガン航空相撲殺される」(あふがんこうくうしょう ぼくさつされる)とあった事から、事件を伝えた2ちゃんねるのスレッドにおいて「アフガン航空相撲(で)殺される」とぎなた読みされ、祭りとなった。上記の民明書房のネタもそのスレッドにおいて投下されたものである。

無論、架空の存在であり、このような格闘技は実際には存在しない。ちなみに日本大相撲において、現在に至るまでアフガニスタン出身力士は存在しない。

pixivに投稿された作品 pixivで「アフガン航空相撲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7501

コメント