ピクシブ百科事典

アマテラス(大神)

あまてらす

クローバースタジオ製作、カプコン発売のアドベンチャーゲーム「大神」の主人公であり、太陽神。
目次[非表示]

概要

クローバースタジオ企画・開発、
カプコン発売のアドベンチャーゲーム『大神』の主人公である白狼

百年前のヤマタノオロチとの戦いで体が傷つき肉体を失ったと言われており、
ナカツクニの危機を感じた木精サクヤの力で、
神木村白野威像に宿り復活する。

性格

アマテラス自身が言葉を発することはないため、その行動を見て、心中を推し量ることしかできない。
イッスンからよく「ポアッとしてる(ボーっとしてる)」と言われ、
一般人とのやり取りだけでなく、敵と相対した時も人をなめたようなとぼけた態度を取る。
だが実際は、思慮深く心優しい神さまのようである。
普段はただの犬のような行動だったり、とっさに神さまらしい行動をとったりと、つかみどころがない。

大神降ろし



「異袋」というなんでも飲み込む袋を持っているため、よく食べる。
さらに、アマテラスを操作せずに放置していると、かなりの短時間であくびをして眠りについてしまうため、よく眠るというイメージもついている。
作中では「お調子者」「イタズラ者」とも呼ばれ、実際に筆しらべをしてイタズラすると面白いことが起きる場面も多いため、アマテラスをかなりのイタズラ者にしたプレイヤーも多いだろう。

容姿

神器を背負い、身体に紅い隈どりをしているが、これは神としての姿である。
ヒミコウシワカといった霊力の強い者、ツバキのような信仰心の強い者にはその真の姿が見えるが、普通の人間にはただの白い狼にしか見えない。
もちろん相棒のイッスンにも真の姿が見えている。
背中に背負う神器には、鏡、勾玉、剣の三種類があり、装備する神器によって攻撃方法が変化する。
2種類装備可能で、主となる表に装備することで外見が変化し、副となる裏に装備すると外見の変化こそないものの攻撃方法が変化する。(例えば鏡は表に装備すれば武器となるが、裏に装備するとガードとなり、一部の敵には天落としというカウンター技が発動する)
また、計15個の神器はそれぞれ外見が異なり、装備を変えるとイベントシーンにそれが反映される。

2011
死返玉



作中では「トボけた顔」「エサをやりたくなる顔」「人の言うこと聞かなそうな顔」などと様々なとらえ方をされているようだが、一貫して害の無さそうなポアッとした顔に見えているようだ。
ゲームを一周クリアするとアマテラスの容姿を様々な犬種に変更できるようになる。
また、ディレクターの神谷英樹氏が、アマテラスの肛門を「幸門」と形容した。


筆しらべ

世界を絵のように見立てて、神なる筆で世界に絵を描き、その力を現実のものとする「筆業」、イッスンが命名するところの「筆しらべ」という力を使いこなす。
その能力は全部で十三あり、十三の筆しらべを司る神「筆神」は元は1つの神様、つまりアマテラスの一部であった。
百年前(白野威の頃)にヤマタノオロチ(真ヤマタノオロチ)との死闘後にナカツクニ各地に散らばってしまったが、自身の筆業である「光明」だけは決して失うことがなかった。

まるかいて
軌跡


筆業「花咲」を入手した後は、アマテラスが走った後に花が咲き乱れるようになる。

性別について

公式で性別は設定されていない。

「慈母」と呼ばれる、「兄貴」と呼ばれる、片足を上げて用を足す、セクシーな女性に興味を示す、などなど、かなり自由な描写をされている。

また、公式では「性別:わんこ」である、という説が支持されているが、ディレクターの神谷英樹氏によると「そんな事を言った覚えは無い」らしく、この「性別:わんこ」がどこから出てきたのかは不明。


擬人化

アマテラスの姿はあくまで狼で、作中で言葉を喋ることすらない。
擬人化そのものが完全なる二次創作なので、注意が必要。

現人神アマテラス


劇中でヤツフサが「美しい女性」と形容したことや、神話の天照大神は女神(とする宗派が多い)ことなどから女性にされることが多い。
もちろん男性でも問題はないが、圧倒的少数派である。

大神 4
【大神】アマテラス擬人化【版権】



関連タグ

アマ公 天照 チビテラス
大神 大神伝

pixivに投稿された作品 pixivで「アマテラス(大神)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94344

コメント