ピクシブ百科事典

アメノサギリ

あめのさぎり

日本神話における霧と境界線の神。 pixivではアトラスのRPG『ペルソナ4』の黒幕である『アメノサギリ』として認知されている。
目次[非表示]

アメノサギリとは、日本神話の神の一柱である。名前に「アメ」(天)とつくが、天津神ではなく国津神の系譜に属する。

日本神話の「アメノサギリ」

漢字表記の場合は「天之狭霧神」と書く。
日本神話において、と異世界との境界線を司る神。
山岳信仰の総元締めであるオオヤマツミ(大山祇神)と女神・鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)の子で、クニノサギリ(国之狭霧神)と対になっている存在。
山の頂上など上空にかかる霧を神格化した存在で、山岳信仰の根強い日本においては、神域たる山中を俗世から覆い隠す存在として認知されていたようだ。

関連タグ

信仰 日本神話

ペルソナ4のアメノサギリ

※以下ネタバレ注意


















マヨナカテレビの奥に潜んでいた『稲場市連続誘拐殺人事件』の黒幕
現実世界を『晴れぬことなき霧=マヨナカテレビの世界』で浸食し、"人の望みをかなえる"という神としての義務から、すべての人間をことごとくシャドウにすることを目的としている。当人曰く、『霧に覆われた世界=人間がシャドウと化した世界』は「人自身が望んだこと」であり、自分はその望みをかなえようとしているだけなのだという。

実は自称特別捜査隊とは、直接対峙する前にクマシャドウへの干渉を通じて接触しており、捜査隊の面々を潰しにかかってきていた。
そして二度目の接触にて真犯人を依り代にその姿を表し、自身の行動を「人の総意」と称して番長(主人公)たちの前に立ちはだかり、『捜査隊の意思=今まで通りの世界』が通すに値する“答え”なのかを試すべく、戦いを挑んでくる。

原作ではラスボス的存在ということで、圧倒的な強さを誇っている(もちろん、ネタバレ注意!なあの御方や、前作のアレを受け継ぐあの人には敵わないが)
P4A(アニメ版)でも、テレビ放送版のラスボスをつとめ、番長をギリギリのところまで追いつめた。
(P4GA第7話にも登場しているが、こちらは尺の都合か登場した直後に番長が召喚したマガツイザナギに一刀の元に切り捨てられている)

これにより、一連の事件は終焉を迎えた……







 ……かに思われたが……





声優はゲーム版は真殿光昭氏、アニメ版が中尾隆聖氏。

ちなみに外見がバックベアードベアード様)そっくり。

○○コンの夕べ


「このナナコンどもめ!」

関連タグ

ペルソナ4 ペルソナ4ザ・ゴールデン P4G バックベアード クニノサギリ ネタバレ注意!

pixivに投稿された作品 pixivで「アメノサギリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70039

コメント