ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

週刊少年サンデーに連載の『マギ』の登場人物にして主人公
CV:石原夏織

プロフィール

出身地おそらくアルマトラン
立場マギ
年齢15歳くらい(初登場時9歳くらい)
身長140cm
体重36kg
家族構成不明
特技魔法
趣味読書
好きな食べ物西瓜
嫌いな食べ物無し
好きなタイプキレイなおねいさん
嫌いなタイプやさしくないおねいさん
好きな休日の過ごし方魔法の勉強、友達と遊ぶ
悩みごとアルマトランのこと
弱点おねいさん


人物

巨大なジンが宿る笛を持つ謎の少年。他のジンが潜む金属器を探し、旅をしている。
「~なのかい?」「~しておくれよ」などの少々大人びた風を交えた口調で話す。
無邪気で純粋だが思慮深く、争いを好まない性格。
幼いながらも男性的欲求に忠実で、やわらかくて胸の大きい美人なお姉さんが好み。対象の女性を見つけると、躊躇なしに胸元へ飛び込みひっつき回る。(いわゆるおっぱい星人)
一方、モルジアナをはじめ、筋肉質で硬いお姉さんは対象に入っていない(ただし、モルジアナは友達として好き)。また、ウーゴくんと別れる原因となった紅玉に対しては心なしか冷たい態度を取る(笑顔で握手をしていたが手首にあざが出るほど強く握っていたり、何かと挑発したりしている)。
王の器として見込んだアリババに絶対の信頼を寄せており、友人としても深い絆で結ばれている。 

マギ」と呼ばれる稀有な存在であり、杖を媒介してルフの持つ魔力を集めて攻撃に用いたり、所持している笛に宿るジン「ウーゴくん」を実体化させるなどの能力を持つ。
「聖宮」(アラジン曰く「がんじょうな部屋」)に匿われて育ち、最近ようやく出ることが出来たらしい。そのため、外の世界である社会についてよく知らないことが多い。
その出生など詳しい身の上は本人ですら分からないという。
家族もおらず、この世界において他の誰とも違う存在であることに、心の奥底では孤独感を抱いている。

青い長髪を一本の三つ編みにしてターバンを巻いている。このターバンは「魔法のターバン」であり、広げると上に乗って空を飛ぶことが可能。
前髪から見える赤い石は、額に付いているものではなく、ターバンの留め具のブローチのようなもの。この留め具の石さえあれば、ターバンは何度破れてもまた元通りになるという。
ターバンを巻いていないマグノシュタット編以降は、細い鎖のようなもので額に石を当てている。
また、胸に巻いているさらしは、構想段階で女の子であったことの名残らしい。
黄牙編以降は、黄牙一族の長老ババの形見である杖を持ち歩いている。
多彩な魔法の中でも、特に熱や炎を操ることが得意。マグノシュタットでの分類では1型・赤色魔導士にあたる。なので、アリババのジン・魔装とは相性が良い。

シンドリアでは、ヤムライハに師事して魔法について様々なことを学ぶ。
その後の旅立ちではマグノシュタットへ赴き、魔法の腕と知識を磨くため、マグノシュタットの謎を調べるため、マグノシュタット学院へ編入する。
元々はひ弱であったが、学院生活を乗り越えたことで、彼自身の魔力や体力も一段と向上した。身長も少し伸びた。
ムー・アレキウスとの戦いで杖を破損したため、現在はかつてマタル・モガメットが使用していた杖を彼の最期の願いを受け継ぐという意味合いを込めて使用している。

正体

アルマトランの指導者・ソロモンとその妻でありアルマトランのマギの一人・シバの息子。
シバがアルバに謀殺された際、胎児として未熟な状態で摘出され、ウラルトゥーゴの魔法で成長を抑制された状態で永い時を生きていた。
しかし、アル・サーメンの暗躍を危惧したウラルトゥーゴの判断により一気に幼児の姿まで成長させられた状態で誕生、さらに母シバのマギとしての力を与えられた。

余談

カプコンのハンティングアクション『モンスターハンター4G』にて、彼の所持している杖が「アラジンの杖」という名称で登場する。モンハンの武器カテゴリーには"杖"というものがないため、操虫棍としての扱いになる。また、アラジンと思われる少年がクエストを依頼してくる。

関連イラスト

アラジンちゃんかわいい
+RUFU+


アラジン
マギ


ルフ
マギdeタロット風【アラジン】



関連タグ

マギ
アリババ・サルージャ モルジアナ ウーゴくん
シンドバッド(マギ) ジャーファル ヤムライハ
ジュダル 練白龍 練白瑛 練紅覇 練紅玉
シェヘラザード ユナン ティトス・アレキウス スフィントス=カーメン

アルマトラン ソロモン(マギ) シバ(マギ)

個別タグ

堕転アラジン アラジンちゃんマジ天使 初期設定アラジン 成長アラジン様

コンビ・グループタグ

凸凹親友コンビ 信号機トリオ マギコンビ ザガン攻略組 師弟組 マギカルテット
シンドリア親子 マグノシュタットリオ

NLカップリング

アラモル アラヤム アラ紅

腐向けカップリング

受け

アリアラ ジュダアラ ジャアラ シンアラ 覇アラ
ティトアラ スフィアラ 炎アラ

攻め

アラアリ


 

304話ネタバレ

304話では、ついに成長したアラジン、いやアラジン様を拝むことができる。

Magi 304


その姿はまるで父ソロモンの生き写しかと思うほどだが、目元などはシバの面影もある。イケメン。
そんな彼は現在モルジアナ、白龍とともに普段は浮遊島「鬼倭王国」にいるようだ。七海とも仲がよさそうである。
この姿のイラストを投稿する際には「成長アラジン様」のタグ付与を推奨する。

pixivに投稿された作品 pixivで「アラジン(マギ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 457873

コメント