ピクシブ百科事典

アレックス・ルイ・アームストロング

あれっくするいあーむすとろんぐ

アレックス・ルイ・アームストロングとは、荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:内海賢二
アメストリス軍所属。階級は少佐筋肉隆々巨体口髭、キューピーのような髪型が特徴の35歳。
名門アームストロング家に伝わる一子相伝の錬金術を用い、国家錬金術師資格を持つ。銘は「豪腕」

そんないかつい外見とは裏腹に、非常に涙もろく情に厚い紳士的な人格者。
世話好きでおおらかなのだが、隙あらば自分の筋肉自慢したがる筋肉フェチという、ちょっと暑苦しいオッサン。ただ、空気を読むときは読むのでKYという訳ではない。ついでにマリア・ロス少尉とデニー・ブロッシュ曹長が、ティム・マルコーの研究所の内容にショックを受けて落ち込んでいるエルリック兄弟をかばって黙秘していた時なども、自慢の筋肉を見せつけながら迫るという拷m…尋問で事実を吐かせている。

なお、この筋肉自慢でシグ・カーティス筋肉による友情を結んでいる。
(尚、当作品に彼のようなムッキムキのオッサンがよく登場するのは、作者・荒川弘趣味なんだとか)

名門の出の30代後半の軍人で、かつ国家錬金術師であるのに階級が少佐で留まっているのは、イシュヴァールの内乱において、優しすぎる性格が災いして殺人に堪えられなくなり逃げ帰った(正確には戦意を喪失し、命令違反扱いで中央へ強制送還させられた)ため。

軍人としてはかなりの不名誉で風当たりも強そうではあるが、弱き人々を守る軍人でありたいと軍に居続けている。

家族

アームストロング家当主フィリップ・ガルガントス・アームストロングの五人姉弟の第四子で、長男
長子であり長女のオリヴィエ・ミラ・アームストロング少将には滅法弱い。
ちなみに彼女と末の妹キャスリン・エル・アームストロング外見だけは突然変異を起こしたかのような美女で、次女と三女はアレックスそっくりの厳つい外見をしている。
(しかし本人曰く、下マツゲが似ているとのこと。また、共通して一族全員カール掛かった触角が付いている)
ちなみに次女はアム江、三女はストロング子という名前で、二人とも結婚している。09年版のアニメでは、ヨキがアームストロング家の屋敷に泥棒に入った時の回想シーンで登場した。

余談だが、アニメにおける父・フィリップの声は少佐と同じ内海賢二、母・アームストロング夫人はエド役の朴璐美、末妹・キャスリンの声はアル役の釘宮理恵がそれぞれ担当している。

戦闘スタイル・錬金術

自慢の剛腕と「アームストロング家に代々伝わる芸術的錬金術」を用いて戦うインファイター。
巨体に見合わぬ軽いフットワークと鋭い拳で、一撃必殺の剛拳を繰り出す。
肉弾戦闘の腕前においては全キャラ中でも上位クラスであり、単純な筋力ではスロウスと腕比べをして耐えてみせたことから相当なものを持っていることがうかがえる。

錬金術は錬成陣の描かれた棘付きの手甲で錬成素材を殴ることで発動させるという、豪腕の銘に違わぬ非常に豪快なもの。劇中で使われた回数こそ多くないものの、瓦礫を投げ槍のような弾丸にして打ち出したり、地面を叩いて棘を発生させたり、さらにはグリード部下ロアハンマーを迎撃するついでに自分そっくりの彫像に作りかえるなど、鉱物ならば如何様にもその形態を変化させることができるらしい。

このほか、イシュヴァールの内乱では長さ100m以上の高い壁を生み出してイシュヴァール人たちを袋のねずみにするという作戦にも加担し、その防壁を生み出している。(この際、生き残った母娘を私情で逃がそうとしたが、援護に入っていたゾルフ・J・キンブリーによって阻止されてしまう)

その他特技

「アームストロング家に代々伝わりし●●●術」という、伝家の所作術を会得している。
多分、いくらでも出てきそうな勢いであるのだが、劇中で登場したのは以下のもの。

  • 似顔絵術
    • その名の通り、似顔絵の技法。上手い。初出はマルコーの居処を訪ねたときで、警察の人相書きレベルの非常にリアルで卓越した技量を披露した。この似顔絵術は、物語終盤までいわゆる「情報整理」や「謎解き」のために重宝されることとなった。

  • 尾行術
    • エルリック兄弟の後をつけてきた際に披露。戦い慣れして周囲の気配に敏感な兄弟ですらまったく気付けなかった。劇中で突発的に登場するときは、おそらくこの尾行術を使用しているものと思われる。

関連タグ

鋼の錬金術師
アームストロング アームストロング少佐
おっさん 筋肉

pixivに投稿された作品 pixivで「アレックス・ルイ・アームストロング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150585

コメント