ピクシブ百科事典

アンサイクロペディア

あんさいくろぺでぃあ

「アンサイクロペディアのやつ、いたずらばかりしおって! けしからん!」 〜 アンサイクロペディアについて、磯野波平
目次[非表示]

概要

wikipediaのパロディサイトで、サイトデザインもwikipediaに酷似させてある。
名前の由来は、「否定」を意味するunと「百科事典」を意味するencyclopediaの合成。日本語版での名称は当初の頃、百科事典をもじった「バ科辞典」となっていたが、後に嘘八百をもじった「八百科事典」となっている。
ウィキペディア同様に世界各国言語版が用意されているが、同じ記事でも文化によって異なるネタを使うため(もしくは外国語を理解出来ないため)、翻訳された記事が作成されることは滅多にない。

トップページで「自由気ままな百科事典です。」と高らかに宣言しているが、その後に続く「基本方針に賛同していただけるなら」を見逃していると痛い目に遭う。もちろん基本方針に不自由極まりない条項が用意してあるのはご想像のとおりである。むしろwikipediaよりもその方針は厳しく、極まった事例としてはwikipediaで歓迎されない編集者に対してアンサイクロペディアで修行することを勧めたケースもある。

最大の特徴は百科事典の体を成していながら、嘘八百の名の通り事実無根の記述が歓迎される点であり、wikipediaはもちろんニコニコ大百科やpixiv百科辞典においても嘘の記述を書き込むことは望ましくない中、アンサイクロペディアにおいては大半のページが嘘で埋め尽くされている。
嘘の記述をするという特性上、書かれていることが嘘であると理解できる知識を読み手に必要とするケースが多く、マイナーな作品に関しての記事などは知らない人にとっては何が面白いのか分からないような内容が書かれている場合が多い。そのような体質から本来百科辞典にあるべき説明義務を一切果たしておらず、それを利用して「あああああ」のように不気味で意味不明な記事も書かれている。

ハンス・ウルリッヒ・ルーデルの記事が注目されて以降、「どう見ても嘘にしか聞こえない事実」を記事にする事も盛んになり、「要出典」や「著作権」などといった嘘というよりも皮肉に近い内容の記事も盛んに書かれるようになった。
wikipediaが事実よりも検証性を優先するために書けない事実を、アンサイクロペディアではユーモアたっぷりに掲載していることもある。
さらにちょっと昔には、英語版のように「有名人の語録を改変して書けば面白い」と勘違いしたことから、どんな記事にも変な語録が大量につけられていたために、アンサイクロペディアと言えば「~について、磯野波平」等と言う印象が強かったが、最近は殆ど消されている。
今も昔も編集に当たる者にはナルコレプシー患者が多い。

またこれとは異なる問題として、常にサーバーが重いという問題点がある。
2015年現在、日本語版アンサイクロペディアは記事を編集するためのサーバーが常時ダウンしており、「記事の閲覧は出来るが編集は一切できない」という状況が続いている。

pixivでは、アンサイクロペディアの記事を元にした画像がごく希に存在するぐらい。

アンサイクロペディアもお手上げの項目

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル:「事実があまりに信じがたいので、嘘を書く事はできない」という体裁の下、「アンサイクロペディアに嘘をつかせなかった男」として書かれているが実はけっこう嘘が書かれていることは秘密だ。
シモ・ヘイヘ:ルーデルと同じく「アンサイクロペディアに嘘をつかせなかった男」ポジションなのだが、嘘も混じっていますよね?
秘密戦隊ゴレンジャー:「ゴレンジャーハリケーン」の部分に、「わざわざアンサイクロペディアンが頭をひねって面白おかしく書こうとしなくても、本物の方がすでに馬鹿馬鹿しいので、ここではあえて説明しない」とマジで書かれてしまう。
パワポケ:書かれている事に事実が多すぎて「頭の固いウィキに書くべきです」とまで書かれてしまったゲーム作品。アンサイクロペディアって、確か……(ry

関連タグ

ウィキペディア 民明書房 156
ネタ

pixivに投稿された作品 pixivで「アンサイクロペディア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96566

コメント