ピクシブ百科事典

アンジェロ・ザウパー

あんじぇろざうぱー

アンジェロ・ザウパーとは、「機動戦士ガンダムUC」の登場人物。
目次[非表示]

CV:柿原徹也
「撃ってしまった…大佐の戦場を…穢してしまった…!私に撃たせたなぁ!?」

概要

袖付き(ネオ・ジオン)のMSパイロット。階級は大尉。19歳。
フル・フロンタルの親衛隊隊長で、彼を「シャアの写し身」としてではなくフロンタルそのものに強く心酔しており、ミネバ・ラオ・ザビからも「危険な男」と称される。

シナンジュとの連携を前提にカスタムされた、専用のギラ・ズール(後に改修したローゼン・ズール、漫画版ではその中間機であるクラーケ・ズールにも搭乗している他、ギラ・ズール配備前は専用のギラ・ドーガを使用していた)を駆る。

幼少時代はサイド3の都市グローブに住んでいたが、一年戦争終結後、占領政策への不満から暴徒と化した連邦兵によって父親を殺され、母親も性的暴行を受け精神が崩壊。母の再婚後、義父から性的虐待を受けるようになり、最終的にスラムで男娼として生きていたところをフロンタルに助けられ、彼を信奉するようになる。
そんな凄惨な境遇から救い出してもらったこともあってか、その信奉の度合いは狂信者と言ってもいい程で、作戦の為とは言えフル・フロンタル専用のギラ・ドーガをバド・パンセリノス少尉が使用した際には嫌味とも取れる言葉を彼に投げかけている。

一方で、フル・フロンタルが絡まない場面では、士気の低い兵に対して厳しい目を向けるなど、真っ当で良識的な青年士官として振舞っている。
フロンタルの戦場を汚す事は許されないという考えを持ち、フロンタルが出撃する際は己を含めた親衛隊メンバーによる攻撃を禁じていたが、ユニコーンガンダムビームマグナムによって僚機であるセルジのギラ・ズールが撃墜された事に恐怖し、己が架した禁を破って攻撃を行い、慟哭。それ以降の出撃では、フロンタルに危険が及ばぬよう露払いとして自ら進んで攻撃を行うようになる。

親衛隊長の肩書きを持つだけあってパイロットの技量は高く、ゼネラル・レビル所属のモビルスーツ隊との戦闘ではあえて敵機のコックピットを外して行動不能にさせる(不殺という訳ではなく、被弾機を回収させ敵の行動を妨害する為。また、ネェル・アーガマと共同戦線を張る為のお膳立てとしての側面もあった)という芸当もこなしている。

しかし、戦闘の度に仲間を失い、バナージに執着を見せるフロンタルの態度から、バナージ個人に対して嫉妬も入り混じった憎悪を抱くようになる。
最終決戦にてローゼン・ズールによるサイコジャマーでユニコーンガンダムのNT-Dを封じ、バナージを苦しめるものの、覚醒したユニコーンによってサイコジャマーがかき消され、マリーダーの時の様に精神感応を起こし、そのせいで自身の過去をバナージに「覗かれた」恥辱から自身の乗るローゼン・ズールのコックピットをインコム・クローで握りつぶしてしまうも(アニメ版ではサイコジャックされたインコム・クローがコックピットに直撃している)、かろうじて命を取り留め、激戦の末に敗北したシナンジュのコックピットブロックとフロンタルの亡骸を発見し、涙を流した。

関連イラスト

じぇろ
*本シナリオは製作段階のものです。


アンジェロちゃんと新MS
アンジェロちゃんとアンジェロちゃんのMS



関連タグ

機動戦士ガンダムUC
袖付き フル・フロンタル ギラ・ズール
マシュマー・セロ - ハマーン・カーンへの心酔、ギラ・ズール及びローゼン・ズールがコンセプトを受け継ぐハンマ・ハンマに搭乗するなど共通点を持つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「アンジェロ・ザウパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 682601

コメント