ピクシブ百科事典

アンダーテイカー(WWE)

あんだーていかー

アンダーテイカー(WWE)とは、アメリカ最大のプロレス団体WWEで長年に渡り活躍するプロレスラー。
目次[非表示]

"Deadman walkin'・・・"

人物

1965年3月24日アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン生まれ。身長208cm、体重136kg。
本名はマーク・ウィリアム・キャラウェイ(Mark William Calaway)。
1984年に地方団体WCCWにて、ブルーザー・ブロディを相手にデビュー。
その後CWA、WCWと渡り歩き1990年11月に「死の淵からよみがえった怪奇派レスラー」としてWWFデビュー。
リングどころかリング上までも五面金網で囲む「Hell in a cell」や、生き埋めマッチなどの凄惨なハードコアマッチを得意とする。
また、時折キャラ変更を行うがそれがすべて大当たりする稀有な存在。
その豊富な経験と実績でバックステージでの同僚のレスラーのリスペクトは高く、リーダー格の地位にある。
入場・試合等では、ヒールを演じていてもブーイングが歓声にかき消されるほど。
日本のファンは尊敬と親しみを込めて「テイカー」、「御大」と呼ぶ。

因みに1990年3月にパニッシャー・ダイス・モーガンというリングネームで新日本プロレスに初来日し、スコット・ホールと組んでマサ斎藤&橋本真也のIWGPタッグ王座に挑戦している。
当時はショートタイツセミロングヘアと、現在とはまったく異なるいでたちだった。

WWEの年に一回の祭典・レッスルマニアにおいて、2014年にブロック・レスナーに敗れるまで21戦無敗記録を誇った。(2015年のレッスルマニア終了時点で22勝1敗)
これはアンダーテイカーがWWEを支えてきた証であり、今後このような記録を打ち立てる要素の人間は存在しないだろう。

初期から中期に掛けては"実父"ことマネージャーのポール・べアラーの存在は偉大なものであった。破壊兄弟(Brother of Destruction)ではケインの兄役というギミックをこなし、一部に熱狂的ファンが存在する。

何回も生き埋めになってるけどそこは突っ込んだら負け。そんな喧嘩博士(PD.Streetfighting)にも別の顔があり、普段はバイクを乗り回す総合格闘技好きのおっちゃん。

格闘技雑誌のUFC特集では、"アメリカン・バッドアス"としての彼のコメントが載るほど。(実際、2000年代初期には"アメリカン・バッドアス"のギミックで登場済み。当時の出身地はテキサス州ヒューストン。)

レスラー達の間ではリーダー的存在であり、生ぬるい事や礼儀の無さ、レスラーに対する理不尽な扱いを嫌うことでも有名である。
若手レスラーたちのよき相談相手にもなっており、彼の発言や行動が他のレスラーに少なからぬ影響を与えることがある。まさしく頼れる兄貴でもある。

ニコニコ動画及び2ちゃんねるでの呼び名は"アンアン"。

ギミック

墓堀人
文字通りUndertaker=葬儀屋のギミック。キャリアの大半がこの姿である。
不気味な鐘の音と共に登場する。最も有名なのが"Graveyard Symphony"。ショパンの「葬送」を元にした曲。

アメリカン・バッドアス
バイクを乗り回す不良親父のギミック。2000~2003年頃にかけて、このギミックにモデルチェンジした。
こちらではLimp Bizkitの"Rollin"が有名。
歌詞の"you gonna pay"は「てめぇがツケを払う」って意味。

通称・別名

数多くの別名があり、詳細はググると吉。

  • デッドマン:Deadman
  • 怪人:The Phenom
  • 暗黒魔王:Lord of Darkness
  • 心理戦の達人:Master of mind games
  • 墓堀人

得意技

アンダーテイカーがアンダーテイカーたる所以とも言えるフェイバリットホールド。
技をかけられた相手を墓石に見立てて、マットに頭頂部を叩きつける大技。
この後フォールに持っていくのだが、この時相手の両手を胸の前に組ませ(葬送のイメージである)、自らは柔道の上四方固めのような体勢から上半身を反り、白目を剥いて大きく舌を出すのがお決まりでレスト・イン・ピース(rest in peace:安らかに眠れ)と呼ばれることがある。
なお、パイルドライバーの技で負傷者が続出した経緯があり、バッド・アス(不良バイカー中年キャラ)時代にはWWEでは禁止技にされており、レッスルマニアなどの大試合でのみ使用していた。
現在ではテイカーと弟(と言う事になってる)ケインのみが使用を許可されている。

前述の理由からツームストンが封印されたテイカーが、バッド・アス路線に変更した際に使用し始めたフェイバリットホールド。
簡単に言えば吊り上げ式パワーボム。一度相手を持ち上げた所で止め、さらに両腕を高く頭の上まで持ち上げた後に、マットに叩きつける。
テイカーの身長も合わせると、単純計算で4Mほどの高さから叩きつけられる事になる。実際に喰らった日本人のレスラー曰く「超痛ぇ」。

  • チョーク・スラム(喉輪落とし)
上記2つに比べるとフォール率は下がるが、それでも試合の流れを掴むきっかけになるフェイバリットホールド。アメリカン・バッドアス時代にはよくこの技でフォールをとっていたが。
相手の喉輪を掴み、豪快に持ち上げマットに叩きつける大技。
カウンターやグロッキー状態の相手への追い討ちとして使う。

アメリカン・バッドアス時代によく使用。

  • ヘルズ・ゲート-
2008年から使い始めた、総合格闘技のフットチョーク。
テイカーのような大型レスラーには珍しいサブミッション

  • オールド・スクール
師匠のドン・ジャーディン直伝のムーブ系の技。
相手の片腕をねじり上げながら自身はトップロープを歩き、飛び降りざまにチョップを当てる。
新崎人生拝み渡りはこれに片手で拝む動作が追加されている。
 

決めゼリフ

  • This is my yard!

主にベビーフェイス(善玉)時に使用するセリフ。暴虐の限りを尽くすヒールへの牽制、宣戦布告の意思を込めている。
テイカー曰く、「俺は庭の番犬だ。好き勝手するなら噛み付くぞ」との事。

  • Try me, I'll make you famous!
直訳するなら「掛かって来いよ。俺がテメェを有名にしてやるぜ!」だが、これはWWEにおける究極の死亡フラグ
ここで有名になると言う意味は、「テイカーにフルボッコにされた愚か者として」有名になると言う事。
だが、テイカーとの試合がきっかけでトップレスラーとなった選手はたくさんいることもお忘れなく。

関連動画


アンダーテイカーと言えばコレ、と言われるほどの長く使われた入場曲。
アメリカのロックシーンでは当時絶大な人気を誇ったLimpBizkitが歌ったことも結構話題を呼んだ。


バイカーキャラ末期に使用された入場曲。歌詞にある「You gonna pay」とは、代償を払うと言う事。
テイカーにたてついた代償・・・想像するだけでガクブルものである。

pixivに投稿された作品 pixivで「アンダーテイカー(WWE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11114

コメント