ピクシブ百科事典

イシドロ

いしどろ

三浦建太郎の漫画作品『ベルセルク』の登場人物

概要

最強の剣士になる事を夢見る少年。元は戦場跡を駆け回り、火事場泥棒を働いていた。
 クシャーン帝国の斥候部隊に囲まれ、あわやという所で、通り掛かったガッツが斥候達をドラゴン殺しで薙ぎ払い、九死に一生を得る。
 また人間のみならず人外の化物共と身一つで渡り合うガッツの姿を見て、剣の技を盗むためという名目で付け回し、半ば強引にガッツ一行に加わった。

 生きてきた環境が環境のためか、ややヒネくれた性格。
それに加え、自身の未熟さと魔法という大技への劣等感からか生真面目なシールケとは衝突する事も。
ただ歳相応の純情さと甘さも持っており、人間に対しては斬る事をためらったり、女体に興味深々な描写も見られる。

イシドロとシールケ
イスマたんのそばかすの一つ一つまでもが愛しい。



 主な武器は炎精霊-サラマンデル-の短剣とカトラス(水兵用の短曲刀)。前者はシールケが貸与。
後者は長剣の重さに振り回されて思うように扱えないイシドロに、イーノック村のモーガン老人が譲ったもの。
 機敏さと子供故の低身長を逆に生かした我流二刀流を得意とする。
 戦技の程度は未だ未熟ではあるものの、ガッツら生贄の烙印を押されし者たちと行動を共にすることで、半ば日常的に発生する魔のモノたちとの戦闘により日々(否応無く)鍛えられており、加えて不安定な足場での海上戦闘を経験してからは剣技もさることながら、状況に応じて目くらましを仕掛ける機転など、総合的に戦闘力が向上した。
 前述の通り人間相手はともかく、魔のモノ相手ならばガニシュカ配下の鬼兵(ダーカ)程度ならば複数体を相手に十分戦い抜けるぐらいにはなっている。

 また長い泥棒生活の中で磨いた投石の腕は、目や股間などの急所に的確に当てる抜群の精度を誇り、シールケより与えられた聖別された木の実や、ガッツから渡された炸裂弾は、投擲スキルで十二分に戦力として生かされている。
 パックからは「石を投げる ドロボー あぁっ!?だからイシドロ!?」と突っ込まれていたが、村を飛び出す回想シーンでは家族(もしくは村人)らしき人物から「イシドロ」と呼ばれており、仇名として定着しているのでなければ、恐らく本名と思われる。

出会った当初のパックからの呼び名は「コソドロ」「モン吉」など。現在は主に「ドロぴー」。
また新生鷹の団の騎士ミュール・ウォーフレイムと殴り合った後、名乗る際にまともに喋れないほど顔が腫れていたため、ミュールにはイヂドドと覚えられてしまった。

ボコボコイシドロ



一行のギャグ担当的な立ち位置でもあり、パックとはよく漫才のようなやり取りを繰り広げている。
一方で、戦闘時はパックが指示や援護をすることで上手く立ち回れているふしもあり(たまにパックが獅子身中の虫と化すこともあるが)、基本的には良いコンビである。

PS2のゲーム「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章」での声優は吉野裕行

2016年のアニメ版では下野紘が声を担当し、原作第1話及び第2話のアニメ化エピソードとなる第1話冒頭にて早くも登場している。
 剣士になるのを憧れて傭兵団と名乗った盗賊団にノコノコついて行った為、盗賊の下働きとしていいように扱われていた。
 さらに盗賊の一人がパックを的にして遊んでる様子を見て完全にブチ切れて抜けることを決意するも、今度は自分が盗賊の頭に嬲られそうになったところを成り行きでガッツに助けられる。
その後、原作での初邂逅シーンに相当する野盗、およびクシャーン斥候との遭遇で再会(アニメ第5話冒頭)
初対面ではないため、イシドロとパックの台詞には若干の差異が見られる。

関連タグ

ベルセルク,ガッツ,シールケ,パック(ベルセルク)

pixivに投稿された作品 pixivで「イシドロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125654

コメント